「高品質な精力サプリを飲めば良いのはわかった」

「でも、精力サプリを飲み続けると、本当に精力は高まるのか?」

「絶対に効果があるというなら試したいが、果たしてどうなのか」

高品質なサプリを精力回復のために飲もうと考えているものの、実際に本当に効くのかわからず購入に踏み切れない。

確かに絶対に効くと太鼓判を押してもらえて、さらに100%保証してくれるなら良いんですけどね。

結論を書いてしまうと

  • 最高峰の精力サプリを飲んだとしても確実性はない
  • 確実性はないが、確実に飲んだほうが良い
  • 飲まないで済むなら飲まないほうが良い

なんだか矛盾しているような結論を並べてしまいましたね。

ひとつずつ書いていきます。

最高峰の精力サプリを飲んでも確実に良くなるとは限らない

どれだけ画期的な精力サプリだったとしても、確実に精力アップを図れるわけではありません。

どれだけ優れた有効成分を黄金比率で含有していたとしても、確実性を求めることは不可能です。

  • 飲み手とサプリの相性
  • サプリは薬ではない
  • サプリ以外の問題

おもにこの3つがあるからです。

1.飲み手とサプリの相性

飲み手とサプリの相性問題は少なからずあります。

高品質なサプリというのは、可能な限りの期待値を高めるためにターゲッティングを絞ります。

その狭いターゲットの問題解消に向けて、理論を用いて有効成分を組み合わせたサプリを作ります。

しかしながら、精力アップしたいということは精力低下しているということですよね?

精力低下の原因は複数あります。

もちろん、トップレベルの精力サプリは、精力低下に関係する複数の原因に対して作られているのですが、強弱は当然あって然るべきです。

たとえば

  • テストステロン不足が色濃く出ているなら相性は良い
  • 精巣の酸化の進行が色濃く出ているなら相性は並
  • 血管が弱って血行障害が色濃く出ているなら相性は悪い

などです。

あくまでたとえなので鵜呑みにされても困りますが、要するに特定の原因が色濃く出ているのに対して、精力サプリの得意とする部分なのか不得意なのかで結果が変わるということです。

その精力サプリの最大の強みがテストステロンの分泌を促すことで、あなたの精力低下の大きな原因がテストステロン不足なら相性はバッチリでしょう。

反対に精力サプリの不得意な部分が精巣酸化に対しての抗酸化作用成分で、あなたの精力低下の大きな原因が精巣内のライディッヒ細胞の酸化なら相性は良くありません。

さらに、含有されている成分のアレルギーを持っていたりすると相性以前の問題です。

2.サプリは薬ではない

優れたサプリだったとしても、その役割は日本においては不足分を補う栄養補給の範疇になります。

したがって、不足分を補うくらいではどうしようもないほど体が弱り切っていると、もはやサプリの出番ではなく薬や病院の出番が必要です。

精力低下は

  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 糖尿病

などの重病を示唆する黃信号状態です。

重くなって上記のような大病寄りになるとサプリではむずかしくなります。

最悪、発病するとサプリなんて何の役にも勃たないことは容易に想像できるでしょう。

3.サプリ以外の問題点

サプリを飲むことで得られるのは、栄養面の改善に関わる精力低下だけです。

しかしながら、精力低下に繋がる原因は複数あります。

  • 生活習慣の乱れ
  • 運動不足
  • 栄養の偏り
  • 肉体的疲労
  • 精神的疲労・トラウマ

とりあえずの思いつきでカンタンに挙げましたが、要するに栄養面以外に問題点があると、サプリではどうしようもない場合もあります。

ただし、体というのは栄養から成り立っているので、サプリの担当する栄養面の改善は、比率として大きいと考えています。

なぜならその証拠に、肉体的疲労を回復する栄養や、精神的疲労を和らげる栄養もあるからです。

前者でいえばビタミンB群、後者でいえば安らぎホルモンと呼ばれるセロトニンの合成に関わるトリプトファンなどです。

精力アップの確実性はないが確実に飲んだほうがいい

サプリは栄養面の問題における精力低下だけではなく、間接的にほかの原因解消に繋がることが多いので、まず最初に意識して損はありません。

意識して損はないのですが、所詮は間接的に効果を発揮するだけなので、原因そのものの解消は不可能。

肉体疲労を栄養で回復できても、肉体疲労に至る原因そのものを解消できるわけではないのです。

たとえばハードワークで疲れきっていて精力低下に繋がっているなら、ハードワーク自体を改めないと駄目ということですね。

でも和らげることはできる。

分かりにくいでしょうか?

肉体疲労の原因であるハードワークを解消できたとしても、栄養面が原因の精力低下を間接的に和らげることはできません。

精神的疲労やトラウマを克服できたとしても、栄養面が原因の精力低下を間接的に和らげることはできません。

栄養面の精力低下は栄養を補給するしか手立てがないからこそ、もっとも重視すべきことになります。

だからこそ、栄養面の改善に関わるサプリを飲むのは優先的に行いましょう。

確かに確実性はないんですけど、栄養面の問題解消は優先すべきなので確実に飲んだほうが良い、ということですね。

飲まないで済むなら飲まないほうが良いのは確かだが

そりゃサプリを飲まないで何とかするのがいちばん良いのですが、それはあくまで理想論。

理想論を振りかざし続けても、それこそ確実に精力アップに繋がりませんよ。

そもそも精力低下の問題は栄養面が問題として大きいといわれています。

これは間接的にとかではなく、栄養摂取状態そのものの直接的な問題です。

  • 加齢による栄養の吸収率の低下
  • 食材に含まれている栄養価の低下

この2つです。

若いころに比べると内臓年齢が上がるので、胃腸の機能も衰えます。

胃腸は消化吸収に関わっていて、衰えると当然ながら栄養の吸収率は低下します。

そして、技術の進歩でいつでも四季の食材を食べられるようになったはいいが、肝心の食材の栄養価が著しく劣化している状態は深刻です。

この2つのせいで、サプリを飲まないで栄養面の問題をクリアすることは不可能に近いです。

一昔前に比べると日本男性の男性ホルモンのテストステロンが低下しているといわれているのも、食材の栄養価が低下しているからだと医師が分析してます。

サプリを飲まないで食事だけで…という考えは尊重しますが、現実問題むずかしいですよ。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

精力サプリは

  • 確実に精力アップさせることはできない
  • 確実性はないが確実に飲んだほうが良い
  • 飲まないで済むのが理想だが現実的ではない

といったところです。

最高品質の精力サプリを飲んでも確実に効果が出るとは限りませんが、栄養関係で精力低下に繋がることは多いです。

そして、栄養に関しては他の精力低下にも間接的に関わって改善の一助になるので、重要視していきたいところです。

サプリなんて飲まないで精のつく食べ物で精力アップという考えを私も持っていましたが、今では遠い昔のように思えます。

この記事を読んでみてもまだ迷いを払拭できないかもしれませんが、あなたの精力アップを願って筆を置きます。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。