「テストステロンを増やす高品質なサプリを飲もうと決心した」

「でも、どのくらいの期間飲み続ければ実感できるのか」

「即効性がないのは理解できるが、それでも早いほうが助かる」

サプリは現状の悩みにアプローチできる高品質なものを選ぶのが大切だと理解している。

そして、サプリという性質上、基本的に即効性がないことも理解している。

理解は深まっているが、どのくらい飲み続ければ良いのか気になっていませんか?

結論からいうと

  • 数週間で満足できる結果に繋がる人は少ない
  • 数ヶ月くらい様子を見ていかないと真価は得られない
  • 数ヶ月試して思うようにいかないなら方法を見直す必要がある

といったところです。

サプリを飲み続ける必要な時間は人それぞれ

サプリを飲み続ける所要時間は人それぞれです。

  • サプリを飲むこと以外にテストステロンを増やそうとしているのか
  • 体に悪いと一般的にいわれることをやっていないか
  • 現在の悩みの深さは如何ほどのものなのか

といったポイントが絡んできます。

要するに人それぞれで、置かれている立場は違うということです。

テストステロンを増やすためのサプリを飲み始めるということは、なかには気合入れて運動し始めたり、食生活を改める人も出てきます。

当然、単にサプリを単に飲むよりも、いろいろ併用したほうがテストステロン値が改善する可能性が高まります。

また、喫煙が欠かせないヘビースモーカーだったり、毎日の晩酌が欠かせないどころか寝酒がないと寝られない状態だと、たかだかサプリを数週間くらい飲んだだけでは何も変わらないでしょう。

「いや、タバコもやらないし、酒も付き合いで嗜む程度だ」

というような一般的によく見かける生活習慣の人たち同士で比べてみても、テストステロンを増やそうと思った原因の深刻さで変わってきます。

精力低下を回復させる例

たとえば、精力を回復したいと考えていて、テストステロンを増やそうとサプリを飲み始めたとしましょう。

  • ガチガチに勃起するので現時点では困っていないが、将来のための予防で飲み始めた
  • 半勃ち気味で硬さが物足りない状態。セックス自体は可能だが状態を良くしたい
  • 性欲が湧いてこないし半勃ちにすらならない。中・重度EDの状態

よくある生活習慣の人たちで比べても、悩みの状態が深刻であればあるほど時間を要します。

半勃ちにしかならない状態なのに、数週間で劇的に改善できますか?

残念ながらできません。

数ヶ月は必要です。

早くて3ヶ月くらい、場合によっては半年くらい必要になってきます。

数週間どころか数日で治したいのは誰もが同じ

数週間、できれば飲んですぐに改善したい気持ちはわかります。

私もそうでした。

しかしながら、そんなに甘いものではありません。

質の高いサプリを飲むといっても、含まれているのは有効成分・栄養です。

有効成分・栄養を摂っていき、不足している部分を補うことで、体の持つ本来の力を活性化させるのが狙いです。

風邪を治すのと同じです。

風邪も悪化すると治りが遅れますし、不幸にもインフルエンザを伴ったりすると余計に回復まで時間がかかります。

そんなときに頼るのは風邪薬ですか?

それとも風邪に良いといわれる食事ですか?

この場合、サプリは風邪薬ではなく、後者の食事に近い。

状態が悪ければ悪いほど、風邪に適した食事を食べても思うようにはいかないものです。

定期購入コースやお得セットのサプリ

テストステロンを増やすサプリに限らず、定期購入コースや複数個のお得セットを用意しているサプリ販売者が多いです。

たったひとつだけ、1ヶ月分のみの購入だけ扱っているメーカーはありません。

ここにも本質が見え隠れしています。

それは、なるべく切り口を変えて購入の選択肢を増やすという目的もあって然るべきですが、それ以上に続けなければ意味がないと暗に伝えているのです。

ヤクルトの定期購入も同じ

もっと身近な話になるとヤクルトレディが定期的に送り届けてくれるヤクルトと同じです。

ヤクルトも乳酸菌の持つ働きで腸内環境の改善を図るのが目的ですが、続けていってはじめて意味があるものですよね?

ヤクルトで腸内環境を正常化して体質改善するのも、テストステロンを増やすサプリで内分泌機能を高めて体質改善するのも時間がかかる。

どちらも無理やり作用する薬ではなく、栄養分を摂って体内環境の改善を促すものですからね。

ちなみに余談ですが、ヤクルトは冷蔵庫で冷やしていれば、賞味期限を1週間くらい過ぎても問題ないとのことです。

発酵飲料なので、むしろその方が効果が高いほどだとか。

私には甘すぎて口にあわないのですが、好きな人は試してみてください。

少し脱線しましたがこの辺で。

3ヶ月がひとつの目安 変化がないなら方針の転換を考慮する

時間がかかるのは御免こうむりたい気持ちはわかりますが、サプリなんて飲むだけのことなので、いざ初めてみれば3ヶ月くらいはあっという間に過ぎてしまいます。

それよりもスタートを切るのが遅くなってしまって、どんどん状態が悪化していくリスクのほうが恐ろしいです。

悩みに悩んで症状が進行していった状態で決断すると、必要な時間が3ヶ月ではなく半年になるかもしれませんよ。

ただし、半年を覚悟してサプリを飲み始めても、3ヶ月くらいで何らかの実感が沸かないなら方針を変更したほうが無難かもしれません。

サプリだけではなく、食事にも気を使うようにしたりとか、運動するようにしたりとかです。

テストステロンを増やすサプリは飲むだけというカンタンさの割に、高効率なので頼ってしまいがちになりますが、他の方法と組み合わせたほうが効果は高いです。

もちろん、サプリを飲むだけで十分な場合も多いので、3ヶ月試して如何ともしがたい状態になったら検討するくらいで十分でしょう。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

サプリを飲む期間は人によって異なります。

  • 軽い状態なら短期間(数週間から数ヶ月)で済む
  • 重い状態なら長期間(数ヶ月から半年以上)かかる
  • 高品質なサプリだとしても薬ではないので時間は必要

といったところです。

サプリは体の持つ自己修復能力を活性化させ、体質改善させるのが狙いなので、症状の大小に限らず一定期間は必要です。

とくにひどい状態でもないなら、1~3ヶ月を目処に試してみると良いでしょう。

「いや、結構深刻で困っている」

という場合は半年を覚悟して最低3ヶ月試していき、何らかの変化があるかないかで方針の続行や修正をしていきましょう。

ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。