「性交の本番で勃たなくて失敗してしまい、男としての尊厳を失っていて次が恐い」

「おそらく泌尿器科で診てもらったいいのはわかるが、できる限り自力で勃ち治りたい」

「そもそも自力でED(インポテンツ)を克服する方法はあるのだろうか」

セックスに失敗して勃たなくなってしまい、そのせいで心因性EDにも繋がって余計に勃ちにくい状態になっていませんか?

結論からいうと

  • 肉体の健康レベルが足りず肉体的EDになっている
  • 肉体的EDで性交に失敗し、そのせいで精神的EDも併発している
  • そもそもの原因が肉体の健康レベルが不十分なので肉体レベルを高める

といったところです。

ED(インポテンツ)の原因とは

ED(インポテンツ)の原因はご存知だと思いますが、かんたんに確認しておきましょうか。

  • 器質性ED
  • 機能性ED

大きくはこのふたつ。

専門的でわかりにくいかもしれませんが、器質性EDは要するに肉体的に問題があっておこるインポテンツです。

ケガや病気などを経て、肉体的能力が落ち込むことで勃ちにくくなる状態です。

付随して起こる動脈硬化がもたらす勃ちにくさや、精巣機能の低下などもこの器質性EDに属します。

機能性EDは内科的・精神的に問題があっておこるインポテンツです。

統合失調症や自立神経失調症などが原因で勃ちにくくなっていたり、セックスにおける失敗や仕事のトラブルなどで精神的にまいっているときに勃ちにくくなる状態が該当します。

精神系の病気や症状によって発生する機能性EDを、症状性EDといいます。

性交に限らず、仕事や人間関係などの失敗などのトラウマによる機能性EDを、心因性EDといいます。

器質性EDに心因性EDが加わったケース

今回の冒頭にあるようなインポテンツの場合は、器質性EDに、機能性EDの心因性EDが加わったケースです。

わかりにくいですね。

要するに、肉体的に勃起を維持しにくくなっている状態で性交を試みたところ、失敗して恐くなってしまい心因性EDも併発している状態です。

つまり、肉体的・精神的のふたつのEDから責め立てられている状況に瀕しています。

現状を把握すると、改善することは決してかんたんではないとお分かり頂けたと思います。

かんたんではないが、改善できる可能性は残されています。

ふたつのEDのどちらをケアするべきか

現状はふたつのEDが、あなたの自信を失う原因になっています。

それではどうケアしていくべきでしょうか?

もっというと、どちらのEDに対してケアすべきでしょうか?

答えは、肉体的EDをケアして改善させることです。

そもそも肉体的健康レベルに問題があって、性交に失敗して精神的EDを呼び込んでしまった事実があります。

性交に必要な肉体レベルが及第点ギリギリの状態だと、日々の疲れなどの影響における体調次第で最後まで行為が可能だったり萎えてできなかったりします。

その肉体レベルを及第点ギリギリではなく、高い状態へ持っていければ良いのです。

前戯から射精のフィニッシュに至るまで、ギンギンに勃起できるような肉体レベルがあれば男の自信を取り戻せるため、精神的EDなんてあっという間に消し飛ばすことが可能です。

肉体的なEDに対してのケア方法

原因と改善策がわかったので、具体的なケア方法をお伝えします。

体調次第で中折れや途中萎えで失敗するのか、射精フィニッシュまで持っていけるか不安定な肉体レベルを改善する方法は以下の通りです。

  • 男性ホルモンのテストステロンを増やす
  • 血管をしなやかに保つ
  • 血液をサラサラにする

男性ホルモンのテストステロンは性的興奮と、陰茎の勃起及び維持を司る性ホルモンです。

体調次第で成功か失敗かの及第点の肉体レベルだと、男性ホルモンのテストステロンがしっかり分泌されていない可能性が高いです。

勃起は陰茎海綿体へ血液が充填することで起こります。

血管がしなやかで血液がサラサラの状態でなければ、勃起のメカニズムが正常に機能しません。

つまり、男性ホルモンのテストステロンを増やして血管をしなやかに保ち血液をサラサラにすれば、肉体レベルが向上し、肉体的EDを改善できるのです。

テストステロンを増やす方法は、このホームページをご参考頂いても構いませんし、いろいろとネットで調べればすぐに見つかるでしょう。

血液サラサラなどに関しても調べればすぐに情報は見つかります。

しかしながら、一般的にかんたんに実践できる方法というのは、効果が物足りないことが多いです。

かんたんな方法=かんたんに改善できる方法ではないのです。

人はかんたんな方法に飛びつく性質があるので、コンテンツを用意する方もそのニーズに応えた内容を用意します。

それは人が求めた結果に応えるべく用意されたコンテンツであって、必要十分な方法であるかは別です。

ただし、唯一かんたんでありながらもおすすめできる方法があります。

肉体的な問題のEDの解決のために作られたサプリ

そのおすすめできる方法は、肉体的な問題のEDの改善のために研究開発されたサプリを飲む方法です。

「このサプリを飲むだけで陰茎が肥大してギンギンに勃起するぜ」

という怪しいものではありません。

インポテンツや精力減退、勃起不全などに真剣に向き合って専門家が粋を集めて作り上げた精力サプリ。

そのような高品質な精力サプリは、肉体的EDに繋がっている

  • テストステロンを増やす
  • 血管をしなやかに保つ
  • 血液をサラサラにする

に配慮した成分構成になっています。

ヘタに付け焼き刃の知識でテストステロンを増やそうと考える素人判断よりも、専門家が作ったサプリを飲んだほうが、手っ取り早くてかんたん、そして堅実です。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

多くは肉体レベルが物足りず、体調次第で中折れや萎えなどの肉体的ED(器質性ED)に繋がっています。

そして、肉体的EDで失敗した結果、恐怖心やトラウマなどで精神的ED(心因性ED)を呼び込んでしまいます。

悪循環。

改善するためにはそもそもの原因である、肉体の健康レベルを高めることです。

常に硬く勃起する状態まで肉体レベルを高められれば、男としての自信を回復し精神的EDも同時に解消できます。

性交に必要な肉体レベルを高めるためには、勃起に関わる

  • 男性ホルモンのテストステロンを増やす
  • 血管をしなやかに保つ
  • 血液をサラサラにする

ということを行っていく必要があります。

一般的に出回っている方法でテストステロンを増やそうとしたり、血管をしなやかに保とうとするのも構いませんが、効果の面ではあまり期待できません。

そこでおすすめになるのが、EDなどに向けて作られた精力サプリを飲む方法でしたね。

EDに精通した専門家が作ったサプリを飲むほうが、素人の付け焼き刃よりも良い結果に繋がる可能性が高いので、是非とも試してみてください。

病院に通わないで自力で克服しようと考えると、ここいらが限界です。

限界を試してもインポテンツが一向に改善しなかったら、早めに受診されることをおすすめします。

おそらく

  • テストステロンの補充療法
  • ED治療薬の服用

以上のいずれか、もしくは併用の治療になると思います。

補充療法もED治療薬(バイアグラ等)も副作用もあるので、できるだけ精力サプリくらいで回復できたら最高ですね。

ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。