テストステロンを増やすと性欲が高まります。テストステロンは男性ホルモン(アンドロゲン)の中の95%を占めており、精巣(睾丸)産生されております。

精巣(睾丸)で作られている男性ホルモンなので、イメージだけでも性欲が高まるような気がするでしょう。

加齢により性欲がなくなる訳

加齢により性欲がなくなっていくのは、単に長い時間を過ごすことで刺激に慣れてしまったからではありません。

もちろん、大なり小なり同じことを経験し続ければ、刺激というものは薄れていくとは確かです。しかしながら、それが性欲の決定的な差ではないのです。

歳を取っていけばいくほど、テストステロンの分泌量が落ちていきます。また、テストステロンの大きさも縮小傾向にあります。

テストステロン内の割合が変化

また、テストステロンは単に大小だけの話ではなく、テストステロン内のバランスも違うのです。

テストステロンの中身は遊離テストステロン(フリーテストステロン)、アルブミン結合テストステロン、SHBG結合テストステロンで構成されています。

そのうち、実際に男性機能としての働きを見いだせるのは、遊離テストステロン(フリーテストステロン)とアルブミン結合テストステロンです。

この遊離テストステロン(フリーテストステロン)とアルブミン結合テストステロンは、加齢により割合が小さくなり、有効活動できないSHBG結合テストステロンの割合が増えるといわれています。

つまり、仮にテストステロンの分泌量が同じだとしても、テストステロンの質がいいか悪いかで性欲にか限らず、男性機能に活動力に差が生じてしまうのです。

軽くまとめておきましょうか。

  • 性欲が落ちるのは刺激に慣れただけではない
  • 年齢を重ねるとテストステロンが小さくなる
  • テストステロンが小さくなるだけではなく、有効部分も少なくなる

また、性欲減退に関しては下記のページにも書いてあるのでご参考ください。

テストステロンを増やすと性欲減退を改善できる

女性と男性における性欲の違い

女性はその名が示すとおり、女性ホルモンを中心に分泌していますが、実は男性ホルモンも分泌しています。

男性と同じように生殖器(卵巣)や副腎でテストステロンを分泌しているのですが、その分泌量は男性に比べるとほんの1割に満たない程度だといわれてます。

なぜ女性なのに、男性ホルモンのテストステロンが分泌されているのかというと体にとって必要だからです。

テストステロンというとまず思い浮かぶのが、筋肉の増強や維持です。細胞の中にはレセプターと呼ばれるテストステロンやエストロゲン(テストステロンと対をなす女性ホルモン)を収める受容体があります。

筋肉の細胞(筋細胞)の受容体にテストステロンをすっぽりと収めることで、タンパク質の合成を行い筋肉を作り上げるのです。女性にも筋肉は必要であるため、テストステロンの存在は必然だということです。

当然、テストステロンの分泌量自体は男性に比べて大きく劣っているため、女性のほうが男性よりも、肉体的にか弱い生き物なのは疑いようもないですよね。

そしてテストステロンは性欲にも関わっています。テストステロンだけが性欲に関わっているわけではないといわれていますが、その多くを占めているともいわれています。

女性の中にも性欲が強い人もいれば弱い人もいます。この性欲の強弱の差はそのまま、テストステロンの分泌量に差があると考えても良いでしょう。多いと肉食系女子ですね。

同じように、男性の中でも性欲が強かったり弱かったりするのは、テストステロンの分泌量に差があると考えましょう。肉食系男子、草食系男子となり差が出てくるというわけです。

女性の浮気率は男性と同じだという意見

テストステロンは性欲に関わっているため、その分泌量が多い男性のほうが女性よりも浮気勝ちだという印象があります。

しかしながら、実際の浮気の割合は、男女ともにそれほど大きく変わらないのではないかという論調も目立ちます。

浮気の割合が男女に差がない以上、テストステロンの少ない女性でも男性並の性欲があり、テストステロンの量は関係ないという意見です。

ただ浮気は別にセックス目的だけの、いわば性欲のはけ口だけが目的というわけではありません。セックスをするにしても、その先にあるメリットが目的の浮気かもしれないのです。

「いやいやいや、たまには違う女も抱きたいよ。セックス目的さ」

こういった考えに到達するのは、われわれ男性のほうが多いのではないでしょうか。同じ浮気でも真の目的は違うということです。

それに実際に想像通り、女性よりも男性のほうが浮気しているデータは探せば出てきますし、何より男性向けの風俗産業が昔から栄えてひとつの文化を築き上げていることを知れば、どちらが性欲が強いのか火を見るより明らかです。

しかも射精するとテストステロン値も下がるのも証明の材料になるでしょう。ガツガツと求めていたはずなのに、射精したあとは僧侶のようになります。

ネットの一部では賢者モードともいわれています。高まったテストステロンを射精とともに失ってしまったために陥る状態なんですね。

簡単にまとめておきましょうか。

  • 女性もテストステロンを分泌するが量は男性よりはるかに少ない
  • 女性はテストステロン値が低いため、男性よりも平均的に性欲が弱い
  • 男女ともに浮気をするが、性欲の強い男性のほうが浮気することが多い
  • 男性が射精後に性欲が弱まるのは、テストステロン量が低下するため

射精したら一気に性欲がなくなるのは、テストステロンの低下が原因。慢性的に性欲があまりないのは、射精後の状態がずっと続いているような感じだと捉えられるかもしれませんね。

性欲を高める具体的な方法

性欲は高めれば高めるほど、興奮するし感度や気持ちよさが違ってきます。逆に十分な性欲がなければ、興奮も半端で気持ちよさも半端になり、性行為が惰性的になってしまいます。

既婚者なら伴侶とのセックスは当然の権利で、もしセックスレスになれば、離婚の理由として十分に納得できるものです。セックスレスが原因での離婚は想像以上に多いですからね。

家庭円満のためにも、性欲は一定以上のレベルに保てるようにしなければなりません。それでは性欲を高める方法は具体的にどういったものかお伝えします。

滋養のある食事

すっぽん料理やマムシエキスなどが滋養強壮に良いといわれています。そういったものを食べるといいでしょう。また、滋養強壮ドリンクなどもいいですね。

しかしながら、これらはテストステロンの分泌量が一定以上あって初めて効果を期待できるものです。直接、性欲アップに関わるかどうかはテストステロンの分泌量が十分であるかどうかで決まります。

精巣(睾丸)でしっかりとテストステロンが分泌されているなら悪い選択肢ではありません。滋養のあるものを摂取することで陰茎の海綿体への血流を促進すれば、勃起力のアップが期待できるでしょう。

したがって、滋養のある食事や飲み物は陰茎の海綿体の血流アップによる効果を期待するため、冷蔵庫でキンキンに冷やした滋養強壮ドリンクを飲むのは意味がありません。

滋養強壮ドリンクは冷やさないで飲むこと

冷たいものを飲むということは、体を冷やすに等しいです。人間は体温を一定に維持する生き物なので、冷たいもので体を冷やしてしまうと、熱を逃さないように血管が収縮します。

血管が収縮すると熱を逃さなくなるのですが、血流が鈍くなるのは想像に難くありません。冷たい滋養強壮ドリンクを飲むと逆効果とはいいませんが、良くて効果半減です。

なぜ風俗で行為に及ぶ前にシャワーを浴びるのか考えましょう。何も衛生面だけに限った話ではなく、温めたほうが血行が良くなるためです。

テストステロンを増やす食生活

滋養強壮のある食事や飲み物による性欲アップは、その日の晩にがんばりたいというプラシーボ効果を含めた対処療法的な狙いです。ある程度のテストステロンがある人向けですね。

根本的に性欲が沸かないとか、興奮しないという場合は、テストステロンの分泌量が不足しています。テストステロン自体を増やすような食生活を目指しましょう。

食事に関してはあらかた書いていますので、以下のページをご参考ください。

テストステロンを増やすにはたまねぎを食べればいいのか
テストステロンを増やす亜鉛の効果

性欲アップのサプリ

性欲アップのサプリを服用する方法もあります。個人的にはこの性欲アップのサプリの服用が一番、確実ではないかと考えています。

なぜかというと一度、性欲減退してしまったのなら、食生活を改善するだけではなかなか良くならないからです。

男性更年期でも毎朝のように勃起している人もいれば、自分好みの女性を相手にしても勃たない人もいます。性欲や男性機能の個人差が大きすぎると思いませんか?

このような差が出るの理由は、日々の食生活による栄養摂取の積み重ねによって、少しずつテストステロンの分泌量の差となって現れているためです。

長い月日をかけて少しずつ落ち込んでしまったものを改善するには、ちょっとやそっとのことでは良くなりません。

食生活の見直しは必要ですが、仮に食生活を見直せても良くて現状維持が関の山ではないでしょうか。その上、食生活を正すのは想像以上にむずかしいものです。

食生活の改善よりも、有効成分をギュッと濃縮した確かな品質の性欲増強サプリを服用するほうが、テストステロンの分泌量アップに繋がり、性欲の増強にも繋がります。

当然、単に性欲増強サプリを服用するよりも、食生活の改善の補助に性欲増強のサプリを服用したほうが、より性欲が増すのはいうまでもありません。

最後も少しまとめておきましょうか。

  • 滋養のある食事や飲み物を飲むと、勃起力を高めることができる
  • 本格的に性欲を高めたいなら、毎日の食生活を改める必要がある
  • 悪くなったものを良くするためには、食生活の改善だけでは足りない場合もある

一時的にストレスでガクンとテストステロンが低下した場合は復活も早いかもしれませんが、加齢により性欲減退を自覚している場合、日々の食生活を中心とした今までの積み重ねの部分が大きいです。

栄養士や医師に徹底した食事プログラムを組んでもらって実践できるなら別ですが、自己流で食生活を改めてもせいぜい今の状態がそれ以上悪くはならないようにする程度の期待しかもてません。

もしまだ、精力増強系のサプリを試していないなら、試してみるのも手ではないでしょうか?ちなみに私は男性更年期障害をサプリで補いつつ改善させました。ご参考までに。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。