「サプリを飲んで性欲は改善できたが、いまいち実践で充実感がない」

「ムラムラするけど、肝心の息子の勃ちが物足りない」

「やる気はあるが、以前のようにうまくできない」

サプリを飲んで性欲を回復したものの、いざ性交の本番で思ったように勃ち回れずに困っていませんか?

この場合、性欲は高められたものの別の原因のせいで、セックスに充足感が得られない状態になっている可能性があります。

なお、このページはすでにサプリで性欲を回復させることができたが、性行為に関してはまだまだ不満を抱いている人を対象にしています。

サプリで性欲が回復できるかに関しては別記事にくわしく書いてるので、そちらのほうをご参照ください。

性欲が回復できてるなら性ホルモンは十分に足りている

性欲に関わっているホルモンは、回復できた方なら百も承知です。

テストステロン。

この性ホルモンこそが性欲を高めてくれる欠かせない内分泌です。

性欲減退気味を脱却して性欲をアップできたのならば、このテストステロンの産生量はどうでしょうか。

本来はこのテストステロンが分泌されていると、性的興奮できるので五感からの性的刺激を受けて勃起するように陰茎へ神経伝達物質を通じて命令がくだされます。

そうして勃起のメカニズムによって陰茎がそそり立って、女性への挿入が可能になるのです。

性欲が回復できているなら、少なくても性ホルモンのテストステロンは十分に足りていると判断できます。

もし足りていなければ、性的興奮が足りない=性欲が沸かない状態なので、性的刺激を受けても陰茎へ勃起するように命令が届きにくくなります。

しかしながら、性欲をサプリで回復できたとしても、勃起のメカニズムを考えるとその先が不十分だと満足できない状態になります。

性交に満足したいなら性欲以外も考える必要がある

もし、性欲だけで性交に満足できるなら、勃起のメカニズムで足りていなかったのは性欲に関するテストステロンだけということになります。

しかし、性欲の回復だけでセックスが満足できない場合、別の原因が妨げになっている可能性が高いです。

  • 一酸化窒素の産生量は足りているか
  • 血管はしなやかに保たれているか
  • 血液はサラサラで流れやすいか

という物理的な勃起の邪魔になっている問題がないか確認してみてください。

もちろん、勃起のメカニズムの根っこの部分にあたるのが、性ホルモンのテストステロンなので、これを増やしてあげることが大前提。

しかしながら、大前提部分だけで性欲以外に改善できなかった場合は、別の問題があるのです。

1.一酸化窒素を増やす

一酸化窒素の産生力に関わっているアルギニンやシトルリンの摂取量は十分ですか?

30代なら食事から摂るだけでも十分かもしれませんが、40代以降になると消化吸収率は若いころより落ち込んでいます。

そのため、一酸化窒素を十分に産生できるくらいにアルギニンやシトルリンを摂るには、サプリメントが向いています。

アルギニンとシトルリンは、どちらか片方が含まれているサプリでも構いませんが、両方摂ることで効果が高まります。

お使いのサプリにアルギニンやシトルリンが入っているのか確認するとともに、片方しか入っていない場合は両方を含むサプリを検討すると良いでしょう。

2.動脈硬化は勃起の大敵

動脈硬化は勃起のいわば天敵です。

血管をしなやかに保てないと、血液が血管壁にひっかかるように流れるので、血行が必然的に衰えてしまいます。

勃起させるために海綿体と呼ばれるスポンジみたいな器官を血液で充填させる必要があることを考慮すると、動脈硬化だった場合は必然的に勃起力が低下します。

抗酸化作用を持つ成分を食事から摂るなり、サプリから摂るなりして、血管をしなやかな弾力性のある状態へ改善させていきましょう。

血管は実年齢とは違い血管年齢という言葉があるくらい、個人差が出やすい部分です。

それはそのまま、勃ちにも直接的に関わってくるので、生活習慣を見なおしてみるのがおすすめです。

喫煙などしていたら、動脈硬化は非喫煙者にくらべて進行しやすいので注意が必要です。

3.血液はサラサラの状態

血液はサラサラの状態がいちばん良いです。

なぜなら、血液がサラサラしているということは、それだけスムーズに血液が流れやすいからです。

反対に血液がドロドロだと流れが鈍くなるので、必要な場所へしっかりと血液が運びこむサイクルが滞りやすくなります。

また、仮にしなやかで弾力のある若々しい血管を持っていたとしても、血液がドロドロになるような食生活を行っていると血管はその健康状態を失っていきます。

動脈硬化を予防する意味でも、日ごろから血液がサラサラになるような食生活を心がけましょう。

ただし、血液もサラサラにし過ぎると良くないこともあります。

なぜかというと、凝固性が失われやすいからです。

たとえば、料理中に包丁で指を切ったり、運動して転んでひざ小僧を擦りむいて出血したとします。

血液がサラサラすぎて凝固性が足りないと、いつまで経っても固まらずかさぶたにならない状態になるおそれがあります。

ワーファリンを用いているときに、納豆に含まれるナットウキナーゼが禁忌とされるのもこういった理屈からですね。

ナットウキナーゼは血液をサラサラにしてくれるからです。

血液ドロドロはよくないが、サラサラ過ぎてもダメでほどほどにということです。

何事もそうですね。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

性欲をサプリで回復させても、性交に満足できていない場合は別に問題があります。

  • 1.一酸化窒素の産生量は足りているのか
  • 2.動脈硬化は進行していないのか
  • 3.血液はサラサラなのか

以上です。

基本的に、テストステロンを増やすだけで満足のいく性生活を送れる人が多いです。

しかし、すべての人に当てはまるわけではありません。

もし、サプリを飲んで性欲を改善できたのに物理的に満足できないなら、以上の3つを確認してみてください。

当てはまっている部分を解消していけば、今よりもきっと充実した営みが可能になるはずです。

ちなみにテストステロンを増やすという意味のサプリだけではなく、中年期・更年期の性の悩みにアプローチしているサプリが存在します。

どのサプリを飲んで性欲を回復させてきたのかはわかりませんが、もし中年期以降ならテストステロンを増やすだけでなく精力に関わる成分をバランス良く配合した高品質サプリを試してみてください。

こういった性欲だけでなく、勃起のメカニズムにもアプローチできているサプリを飲むことが本当に大切です。

性欲が湧いても行為に及べないんでは蛇の生殺しもいいとこですからね。

ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。