「ここぞという本番では栄養ドリンクに頼っている」

「効かないといわれるが個人的には効いている気がする」

「栄養ドリンクも精力増強の効果があると考えて飲んでいいんだよね?」

性交前の願掛けの意味で愛飲している人が多い栄養ドリンク。

精力増強の効果があると思っていませんか?

結論からいうと

  • 精力増強の効果は全くない
  • 体感できているなら飲むのも良い
  • 飲まないで済む体に仕上げることが大切

といったところです。

栄養ドリンクは肉体疲労時の栄養補給用

栄養ドリンクは肉体疲労時の栄養補給用の飲み物であって、精力を増強するためのものではありません。

それは栄養ドリンクのラベルを見れば分かります。

決して、精力減退気味の方の精力増強や勃起力改善に効果・効能があるとは書いていません。

それ以上でもそれ以下でもない。

もちろん、肉体的に疲れて切っていてはセックスする気力も沸きませんし、疲れを取り除いて元気にするのは正しいです。

体の疲れが取り除かれていれば、セックスする意欲も湧きやすくなるので、間接的に性欲増強や精力増強に繋がっていると考えてもおかしくないです。

栄養ドリンクの狙いは、その点にあるのでしょう。

しかし、体の疲れというものは、短時間で回復できるものではありません。

栄養ドリンクを飲んですぐに栄養が体を駆け巡って、肉体の疲労をすぐに取り除くことは不可能です。

肉体疲労を取り除くには

  • 肉体疲労に良いといわれる栄養を摂る
  • しっかりと睡眠を取る

以上の2点が揃わなければならないのです。

単に栄養だけ摂っても効果はありません。

栄養をしっかりと吸収した上で、しっかりと寝て体を休ませなければ肉体的な疲れを取ることはできないのです。

消費者はどうしても、

  • すぐに効く
  • 即効性がある
  • 実感できる

という早くに結果が現れることにこだわります。

こだわっても良いのですが、体のほうが仕組み的に肉体疲労の回復に対して、即効性を発揮できるように作られていないので無理があるのです。

以前にも書きましたが、即効性を実感できるのはカフェインによる覚醒作用が働いているためです。

決して、栄養ドリンクの肉体疲労回復成分が、即効で効いているわけではありません。

栄養ドリンクに精力増強の効果を体感できているなら飲んでも良い

「栄養ドリンクに効果がないといわれても、実際に効いているんだよ」

「飲んでいるときと飲んでいないときでは、勃ちの力強さが全然違う」

という場合もあるかもしれません。

確かにこのようなケースも稀にですが、存在するようです。

細分化すると

  • プラセボ効果が現れている
  • 体質的になぜか効いてしまう

このふたつです。

プラセボ効果

プラセボ効果はいわゆる、効かないものを効くものだと信じこむことで本当に効果が出てしまうことをいいます。

いわゆるニセ薬を使った実験を行った研究データはネット上にたくさん転がっていますが、要するにニセ薬を本物の薬だと渡されて信じて服用したら、対象の数値が改善したという話です。

栄養ドリンクに精力剤のような効果はありませんが、信じて飲むことがきっかけで性交へのリズムができて発奮できる可能性はあります。

体質的に効く

プラセボ効果以上に稀な話ですが、世の中の大半の常識とは反対の結果が出る人がなかには存在します。

いわゆるセオリーが通じないパターン。

実際に会ったことはありませんが、お酒を飲むだけで勃起力が高まる体質の人が世の中には存在しているようです。

ふつうは、お酒を飲むと脳の働きが鈍くなるので勃起力は落ち込んでしまいます。

なぜかというと、性的な興奮を受けると脳から神経伝達物質が出て、陰茎を勃起するように促すからです。

酔っていたら性的な興奮を受けたとしても脳からの神経伝達物質がスムーズに分泌されにくくなります。

結果、勃ちが悪くなるのです。

お酒を飲んでも勃起力が落ちるどころか逆に高まるのは、アルコールに耐性があって脳からの神経伝達物質が邪魔されることなく分泌されているからでしょう。

さらにアルコールの血行促進作用が働くことで、血の巡りが良くなるので勃起力が高まるのです。

栄養ドリンクが効いたという場合も、特殊な体質で精力剤のような効果が出る場合があるのかもしれません。

ただし、あくまでも稀なケースであって一般的ではありません。

ふつうの人にはまず間違いなく効果はないのでご注意ください。

もちろん、プラセボ効果が出る人や特異な体質で効果が出る人は、効果が出ている以上は飲むと良いでしょう。

栄養ドリンクを飲まなくても済む体に仕上げることが大切

栄養ドリンクは基本的に性関連の効果・効能は期待できません。

それ用に作られていないからです。

それでも、効果が出るという人は飲み続けるのも悪くはありません。

ただし、それよりももっと大切なことがあります。

それは、効果があろうがなかろうが、栄養ドリンクに頼らない体をつくり上げることです。

たとえば、精力にまったく困っていなかった時期を思い出してください。

当然、困っていなかったので栄養ドリンクに頼ってはいませんよね?

求めるべきゴールはここです。

そもそもなぜ、栄養ドリンクに頼らなければならないのかを考えていきましょう。

栄養ドリンクに頼ってしまうのは、以前よりも性欲が湧きにくくなったり、ペニスの勃ちが悪くなっているからですよね?

実は性欲が沸かない、ペニスの勃ちが悪くなるのには理由があります。

その理由が、男性ホルモンのテストステロン不足です。

なぜかというと、テストステロンは

  • 性欲を高める
  • 勃起力を高める
  • 筋肉を作り上げる

という働きがあるからです。

性欲減退気味、勃起力不足で中折れする、筋肉量が減少してメタボ気味という場合、男性ホルモンが不足している可能性大です。

栄養ドリンクではテストステロンは増えない

以下の画像をご覧ください。

これが男性ホルモンのテストステロンの年齢分布です。

2016-04-11_215353

栄養ドリンクに頼らなくても済んでいた20代は、男性ホルモンのテストステロン値が高い人が多いです。

反対に30代以降になると、テストステロン値が低くなっていきます。

赤の斜線が平均値を結んだ線です。

それがそのまま、精力の強さの平均レベルに繋がっています。

重要なのは、この性ホルモンのテストステロンは

意識的に増やすことができる

という点です。

どうやれば増えるのかといいうと、やっぱり大切なのが栄養です。

ただし、栄養ドリンクは肉体疲労時のための栄養しか含まれていないので、残念ながらテストステロンは増えません。

増やしたい場合は栄養ドリンクではなく、テストステロンを増やすことを念頭に開発されているサプリを飲むと良いでしょう。

栄養ドリンクは対処療法的

サプリでテストステロンさえ増えれば、それに応じて性欲や勃起力が高まるので、栄養ドリンクに頼らなくても済むようになります。

しかしながら、栄養ドリンクを飲んでその場限り何とかしたいという考えは、行きつく先がED治療薬になってしまいます。

なぜかというと、性ホルモンのテストステロンは無視して、その場限りの状況を打破したいと対処療法的な考えで望んでいるからです。

対処療法はその場しのぎなので、本質的な改善にはなりません。

本質的な改善を考えるなら、テストステロンを増やすように考えをシフトしていくほうが好ましいです。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

栄養ドリンクは

  • 精力増強ではなく肉体疲労時の栄養補給用に作られている
  • 精力増強に効いていると実感できてるなら飲むのも良い
  • 飲まなくても済むような体に仕上げたほうが良い

といったところです。

良くあるケースが、栄養ドリンクに頼りきって何となく乗り切っていたものの、だんだん効き目が感じられなくなってED治療薬のバイアグラやシアリスなどに頼らざるを得なくなったパターン。

結局は男性ホルモンのテストステロンを無視しているため、年齢を重ねていくうちにどんどん精力が弱まってしまい薬に頼らざるを得なくなったパターンですね。

そして、ED治療薬も対処療法なので、効きが悪くなっていったと感じる人も多いです。

薬が効かなくなれば、もう打つ手はありません。

栄養ドリンクで精力増強を行っているようだと、軽いED予備軍に入っているので気をつけてください。

EDは進行性のある症状なので、その場限りのごまかしはいずれ通用しなくなることを覚えておきましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。