「勃起に効く栄養ドリンクはどれなのかわからない」

「即効性があって安ければ最高だが、そんな栄養ドリンクはあるのか」

テレビコマーシャルで認知度が高いために、人気のある栄養ドリンク各種。

あまりに数が多すぎて、どの栄養ドリンク剤が勃起に効果があるのかわからずに困っていませんか?

結論からいうと

  • 勃起に効く栄養ドリンクは存在しない
  • 対処療法ではいずれ手遅れになる
  • 体質改善で根治療法を目指すほうが良い

といったところです。

気持ちはわかりますが、栄養ドリンクに男性機能を高めるのものはありません。

勃起に効く栄養ドリンクは存在しない

栄養ドリンクはそもそも、勃起に効果を発揮させる目的で作られてはいません。

肉体疲労時の栄養補給のために作られています。

勃起力を改善できたり、高めるように作られてはいません。

テレビコマーシャルの鮮烈なイメージから、いろいろな面で効果抜群の印象を抱くかもしれませんが、そんな大したものではありません。

ましてや

「飲んですぐにビンビンに勃起力が高まって夜の生活を満喫できるぜ」

なんてことは微塵の可能性もありません。

これは栄養ドリンクの種類に関係なく、すべてに当てはまります。

飲んですぐにビンビンに勃起できるようになるものは、バイアグラなどのED薬品しかありません。

栄養ドリンクはバイアグラと違って、薬ではなく特定の栄養を含んだ単なる飲み物なので、即効で勃起できるようになるものではないのです。

「いやでも、飲んだら何となく調子がいい気がするんだよね」

という人もいるかもしれません。

それはおそらく

  • カフェインの覚醒作用
  • プラシーボ効果

によるものでしょう。

カフェインは即効性を実感できる数少ない栄養素で、このカフェインの覚醒作用を利用している栄養ドリンクは多いです。

カフェインを摂るとカーっとなったり、頭がスッキリはっきりします。

プラシーボ効果とは、実際に効果はないはずなのに思い込みから効いているように感じるものです。

人の思い込みの力は侮れませんからね。

ただし、カフェインの覚醒作用は実感できても、肝心の勃起力をアップするような効果はほとんどの方が実感できないはずです。

明確に効果を実感できるとしたら、心因性のEDの場合で勃起不全になっている場合で、栄養ドリンクを効いたと錯覚して心因性のEDを払拭できたときです。

20代くらいの若い世代は、肉体性は問題なくて心因性のEDが原因で勃ちが悪くなっているケースが多いので、効いたと錯覚して改善できるかもしれません。

対処療法はいずれ限界を迎える

栄養ドリンクがたとえ効果があったとしても、対処療法ではいずれ限界を迎えます。

なぜかというと、勃起力に不満を抱いている以上は潜在的なEDに該当するからです。

EDは勃起不全や勃起障害のことを指しますから、勃起に関して改善を試みようと感じている以上は軽度のEDです。

そしてEDは進行性があり、症状はどんどん重くなっていきます。

栄養ドリンクで性の営みに対して改善を試みようとしても、その場しのぎの対処療法にしかなりません。

対処療法では進行して重くなっていくEDに対して、いずれは通用しなくなってしまいます。

肝心のEDに繋がっている原因を無視しているからです。

よくバイアグラやシアリス、レビトラといったED薬品を使っていくうちに、これらの薬が効かなくなったというケースがあります。

それもそのはず、EDが進行していって相対的にED薬品の効果が及びにくくなっていくからです。

ましてや実際にそんな効果はない栄養ドリンクを飲んでも、改善できる問題ではありません。

体質改善を目指して勃起力を高める

勃起力に不満を抱いているのは、以前と比べて勃ちが悪くなっているからです。

勃ちが悪くなった背景には、必ず原因があります。

  • 男性ホルモンが減った
  • 血液の巡りが悪い

ほかにも糖尿病を患っていたり、常用している薬の副作用が原因の場合がもありますが、大きく分類すると上記の2つが原因で勃起力が低下します。

この2つの原因に心覚えはありませんか?

たとえば、男性ホルモンは30代以降は基本的に緩やかに減っていくので、意識的に増やさないと勃起力は低下する一方です。

高カロリーで油っぽいものばかり食べていませんか?勃起のメカニズムを考えると血液がドロドロだとうまく勃ちにくくなります。

原因を特定し、体質改善していくことで勃起力は必然的に高まります。

栄養ドリンクでその場しのぎを狙わないで、体質改善を目指すことをおすすめします。

「栄養ドリンクが勃起に即効性がないとしても、体質改善目的で飲むのはいいの?」

という疑問に関しては

微妙

と言わざるを得ません。

なんだか否定ばかりしているようで心苦しいのですが、本音で語りたいので妥協はしません。

くわしくは別ページにまとめているのでご参考ください。

どうしても栄養ドリンクをうまく使いこなしたいという人にも参考になるはずです。

精神性のEDの場合

30代以降は肉体的な問題でEDになっているケースが多いのですが、若い世代を中心に精神性の問題からEDに繋がっている場合もあります。

心の傷はさまざまです。以前の性交の失敗がトラウマだったり、人間関係や仕事の悩みに覚えがある場合、克服しなければ勃起力は復活できません。

もちろん、肉体的な問題で勃起しにくくなっているところに、性交失敗による心の問題が加わるケースもあります。

この場合、心の傷を回復させるのはもちろん必要ですが、男性ホルモン不足や血行不良などが原因が誘発した結果なので、すべてを改善させていく必要があります。

心の傷を治しても、肉体レベルが足りなかったら、遅かれ早かれ再発しますからね。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

栄養ドリンクは

  • 勃起に効くものはない
  • 効いたとしても対処療法

100歩譲って、心因性EDをぬけ出すきっかけとなり、効いたと錯覚できるくらいです。

仮に効いたとしても所詮は対処療法で、その場だけではいずれ手詰まりになります。

そうならないためにも、勃起力低下に繋がっている原因を特定し、取り除いていかなければなりません。

「栄養ドリンクを否定ばっかりしやがって」

「なんかいい方法はないのかよ」

という疑問に関してはすでにここまでお読みいただいた以上、理解できているはずです。

  • 男性ホルモンを増やすように努める
  • 血液をサラサラにして陰茎への血流を促す

基本的にこの2つを外さなければ、軽度のEDといわれる勃起力不足なら改善できます。

改善できたら維持できるようにするだけで、生涯現役で性交を楽しむことも不可能ではありません。

これらを満たすための方法はいくつかありますが、男性ホルモンを増やして血行促進する成分を含んだサプリを飲むのがおすすめです。

専門家が開発した高品質なサプリを飲むのが、一番かんたんで一番手っ取り早い。

もちろん、これはあくまでも私個人のおすすめです。

合う合わないとか、サプリ自体が好みではない場合もあるので、万人に効く最高の方法だとは思いません。

しかしながら、勃起力は日増しに低下していく進行性がある以上、早め早めに手を打つことだけは強くおすすめします。

大事なことを後回しにすると、後悔先に勃たずになりますよ。

バタフライエフェクトというわけではありませんが、このページへのアクセスがひとつの良い結果になることを願って、今回はこのへんで筆を置きます。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。