「最近セックスで中折れするようになってきた」

「彼女は気にしないと言ってくれるけど自信が持てない」

「歳も歳だし諦めるしかないのかな」

セックスで大きな悩みの一つとなる中折れ。

できるなら中折れしたくないが、年齢的にも諦めるしかないと途方に暮れていませんか?

中折れは克服できます。

克服さえできれば性の営みにも自信を取り戻しますし、潜在的なパートナーとの関係も良好に保てます。

何より日々のセックスが楽しいひとときになりますよ。

そこで今回は、中折れの効果的な克服法をお伝えしますので、本気で治したいなら試してみてください。

なお、中折れの原因と主な改善方法はこちらへ載せています。

今回は以前とは違い、力強い解決法を提示します。

セックスで中折れするのは心と体の問題

まず簡単におさらいというか確認です。

セックスで中折れするのは、心と体に問題があるからです。

心だけに問題があるのか、それとも体だけに問題があるのか。

あるいは心身ともに問題があるから、中折れするかは人によります。

正直な話、30代以降の年齢だと肉体的な意味で問題があるから性交がうまくいかなくて、心因性の問題も巻き込んでいるケースが多いです。

  • パートナーのことは好きなはずなのに中折れしてしまった
  • また次のセックスでも中折れしたらどうしよう
  • 相手は気にしないというけど本当か?
  • それ以前にうまくできない自分に憤りを感じる
  • もう俺はダメなのか?不能者なのか?

ひとつの肉体的な問題からの中折れから、不安や恐れなどの心因性の中折れに併発するパターンですね。

もし、あなたが30代以降の場合、もう中折れはしたくないと思ってイメージトレーニングを積んだり、栄養ドリンクを飲んで本番に望んでも、肉体的に問題がある以上は失敗を積み重ね続けてしまいます。

「すでにそのとおりだよ。割りきってセックスしているよ」

と思うかもしれません。

ただ、現状のままでいると良くなることはなくても、もっと悪くなる可能性は極めて高いです。

なぜなら、中折れという現象はいわゆるEDの状態だからです。

EDは進行性の症状なので、改善策や克服法を実践していかないと中折れどころかまったく勃たなくなる可能性があります。

そうならないためにも、セックス中の軽い中折れの段階で劇的に改善しましょう。

セックスで中折れしなくなる克服法

次に挙げることをすべて行えれば、中折れせずに性交を楽しめるようになります。

1.男性ホルモンを増やす

先ほど、肉体的な問題から中折れになっているとお伝えしましたが、その問題のほとんどすべてが男性ホルモンの分泌不足です。

男性ホルモンは性欲や勃起力に関わる大切なホルモンで、専門用語でテストステロンといいます。

しかし、残念ながら年齢でいうと30歳を境に少しずつ減少していきます。

だから30歳以降になるとセックス中に中折れしやすくなったり、陰茎の勃ちが悪くなったりするのです。

ただし、男性ホルモンの分泌には個人差がかなり大きいといわれています。

その証拠に30代そこそこでセックスで中折れしてしまう人もいれば、50代でも60代でもギンギンに勃起して性交を謳歌している人もいるのです。

もし、中折れを克服して生涯現役を貫きたいと考えているなら、男性ホルモンの増加は避けて通れませんよ。

2.タバコをやめる

喫煙者の場合、総じて中折れしやすくなります。

なぜかというと、喫煙は血行が悪くなるからです。

勃起というメカニズムを考えるとご納得いただけるでしょう。

性的刺激を五感から受けると男性ホルモンのテストステロンは、陰茎に勃起するように働きかけます。

そして陰茎海綿体へ血液が流れ込んで充填することで圧がかかることで硬く勃起するんです。

つまり、血行が良くないと、陰茎海綿体への血の巡りが悪くなって十分に充填できなくなります。

日本人の陰茎が欧米人より勃起時に硬いといわれるのは、サイズが小さくて陰茎への血液が充満しやすいからです。

しかし、喫煙していると、血管は収縮しやすく血液の流れが悪くなります。

また、動脈硬化が進行するのでしなやかさに欠けるのも、血液の流れを悪くする要因です。

3.飲酒をやめる

酒を飲んでいると勃たないとはよくいったもので、酒はセックスには大敵です。

精神的にリラックスするという意味ではいいのですが、肉体的にはデメリットしかありません。

「酒を呑むと血の巡りが良くなるじゃないか」

と感じるかもしれませんね。

確かに飲酒は血行を良くするといわれています。

しかしながら、飲酒における血行の良さは、体からすれば毒物を排出するために自浄作用的に働いている結果に過ぎません。

さらに、肝心要の男性ホルモンが酔っていると減少するといわれており、いざ本番で勃ちにくくなったりセックス中に中折れしやすくなるのです。

ただ、セックス前に酒を飲まないというのは、中折れの対策している人でなくても基本的な方法です。

ここでお伝えしたいのは、セックス前に呑まないのは基本として、日常的に酒自体を呑むのをやめるということです。

酒のダメージは蓄積します。

肝臓だけでなく、男性ホルモンも減りやすいし脳機能への悪影響もあります。

実際に飲酒を習慣化している人は、そうでない人よりも脳機能の衰えが顕著だといわれています。

これは飲酒で脳が働かない時間を日々積み重ねているせいで、酔っていない状態へ完全に復活しづらくなるためです。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

セックスで中折れしなくなるための劇的な克服法は

  • 男性ホルモンを増やす
  • 喫煙をやめる
  • 飲酒自体をやめる

この3つです。

この3つを徹底できれば、肉体的な問題である中折れは克服できます。

「酒もタバコもやめられないんだよね」

という場合は、効果は落ちてしまいますが、せめて男性ホルモンだけでも増やすようにしてください。

増やし方でおすすめなのは、男性ホルモンのテストステロンを増やすサプリを飲む方法です。

本格的なサプリなら男性ホルモンを増やすのと同時に、血行促進や勃起阻害酵素も抑制する働きを期待できます。

食生活を男性ホルモンを意識したレパートリーを数ヶ月ほど厳格に続けるという方法もありますが、まず続かないのでおすすめできません。

「酒もタバコもやっていないけど中折れする」

という場合は上記のサプリを試すだけで回復できるようになります。

もし回復できなかったら、サプリではすでに効かないくらい重くなっているのか、あるいは心因性の問題でトラウマのように負担になっているかです。

いずれにしても、30代以降なら男性ホルモンを増やすように意識しておいて損はありません。

セックス時の中折れ問題だけでなく、さまざまな部分に影響をもたらすのがホルモンの役割だからです。

実際に男性ホルモン不足でおこる男性更年期障害は、さまざまな不定愁訴に繋がります。

やや脱線する可能性があるので今回はここまでとします。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。