「セレンがテストステロンを増やすのか気になる」

「もし増やすなら積極的に摂取したいと考えている」

セレンがテストステロンを増やすかどうか気になっていませんか?

結論からいうとセレンは

  • 直接的にテストステロンを増やさないが関連性がある
  • セレンだけ意識してもほとんど意味がないし逆効果
  • セレン以外の栄養素とのバランスを考える

といったところです。

セレンとは

セレンは亜鉛と同じ体に必要不可欠な、必須ミネラルに数えれる重要な存在です。

つまり、人が健やかに生きていくためには、必ず摂取し続けなければなりません。

主な役割は

  • 細胞の酸化を防ぐ
  • 精子の形成する
  • 精子の運動性を高める

という働きを行います。

卵が先か鶏が先かという話になりますが、セレンの強烈な抗酸化作用のおかげで、精子の形成や運動性が良好に保たれます。

その抗酸化作用としての効果は、同じく抗酸化作用の栄養素として有名なビタミンEの数十倍から100倍ほどといわれています。

その証拠に、強烈な酸化作用をもたらす悪魔の活性酵素、

「ヒドロキシラジカル」

を除去してくれます。

ヒドロキシラジカルをかんたんに説明すると、細胞を老化させる王さまのような存在です。

ヒドロキシラジカルは、精子細胞や精巣をいともかんたんに酸化させます。

精子細胞が酸化すると精子量が減少し、精巣が酸化するとそれに関わるすべての能力が劣悪化します。

だからこそ、ヒドロキシラジカルハンターのセレンは欠かせないのです。

セレンはテストステロンに関わりがある

セレンはテストステロンを直接増やす働きを持ちませんが、関わりがあります。

実際に男性更年期障害の治療を行っている代官山パークサイドクリニックの院長は

「セレンを必要量、摂取することはloh症候群の予防・治療に効果がある」

といいます。

loh症候群とは男性更年期障害と同じだと考えて構いません。

loh症候群=テストステロン値が基準値以下ということです。

なぜセレンがテストステロン値が基準のloh症候群の予防や治療に繋がるのか。

それはセレンの効果にあります。

セレンは強烈な抗酸化作用を持つため、細胞の酸化を防ぎます。

そして精巣内のライディッヒ細胞の酸化も防ぐため、テストステロンの分泌量を正常に保つのです。

ライディッヒ細胞はあまり聞き馴染みがないかもしれませんが、端的にいうとテストステロンを分泌させる細胞です。

ライディッヒ細胞を活性酸素から守ってテストステロンを増やそうの記事もご参考ください。

「なるほど。じゃあセレンを積極的に摂取していけば、テストステロンに良い効果があるんだな」

と考えたら、少し待ってください。

その考えはおすすめできません。

セレンだけ意識しても意味がない

セレンの効果は亜鉛と同じように、必須ミネラルだけあって必要不可欠です。

しかし、だからといってセレンだけを意識しても、テストステロンは増えることはありません。

  • テストステロンの材料になるコレステロール
  • コレステロールからテストステロンを合成するアミノ酸

ほかにも成長ホルモンの合成に関わる栄養素のGHリリーザーなど、さまざまな栄養があってはじめてテストステロンを増やすことが可能になります。

セレンだけを意識しても意味がありません。

セレン以外の栄養素とのバランスが大切

「成長ホルモンは関係ないだろ」

と思われるかもしれませんが、テストステロンと同じように死ぬまで欠かせないホルモンです。

また、成長ホルモン自体が脳の下垂体と呼ばれる部分から分泌されます。

下垂体は成長ホルモン以外にも、テストステロンの分泌をするように命令する性腺刺激ホルモンが分泌します。

GHリリーザーという成長ホルモンの分泌に関わる栄養群を摂るということは、性腺刺激ホルモンの分泌もスムーズに行うことに繋がるのです。

結果的にテストステロンの産生もスムーズにいきます。

このように、セレン以外にもテストステロンに関わる栄養は多いです。

セレンだけに固執しないで、テストステロンに関り合いを持つさまざまな栄養素を総合的に摂取するのをおすすめします。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

セレンは

  • テストステロンを増やさないが間接的に関わっている
  • セレンだけを意識しても意味がない
  • セレン以外の関連する栄養素とのバランスが大切

とくにセレンは優れた抗酸化作用ゆえに、過剰摂取における副作用があります。

過剰摂取における副作用を、セレン中毒といいます。

1日に必要十分なセレンを摂っていれば十分なので、あえて積極的にセレンを意識する必要はありません。

  • 納豆
  • たまねぎ
  • 長ねぎ
  • 牡蠣
  • たまご
  • 魚類
  • 豚肉
  • 鶏肉

この辺を毎日、いずれか食べているなら問題ありません。

あまりセレンを意識しすぎて他の栄養素が足りなくなったり、食べすぎてカロリー過多になって逆に体が弱ってホルモンバランスが乱れないように注意しましょう。

ホルモンバランスが乱れたら当然、テストステロンが乱れますからね。

そういえば、なぜテストステロンを増やそうとお考えなのでしょうか?

もし、あなたがテストステロンを増やそうとする理由が

  • 性欲減退
  • 勃起不全
  • ED気味

という悩みからくるなら、その悩みに対して研究・開発されたサプリメントをおすすめします。

当然、テストステロンを増やすサプリで、必要な栄養素をバランス良く配合されています。

セレンも少し含まれているので、セレンの摂取に頭を悩ませないで済むようになりますよ。

上記の悩みを改善しようとがんばっても、結局は専門医師に診てもらうか、栄養学に長けた専門家が作ったサプリを利用したほうが手っ取り早いです。

われわれは所詮、素人ですからね。

せいぜい、これ以上は悪くならないように努めるのが精一杯で、改善なんて期待できません。

ご参考になれば幸いです。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。