テストステロンは性に関して欠かせない性ホルモンです。

実際に朝勃ちという生理現象はテストステロンの分泌量で決まるといわれています。

その証拠に朝勃ちを、軽いEDのセルフチェックとしておすすめしている医師が多いです。

だからこそ

「最近、よく中折れするからテストステロンが足りないんだろうな」

と考えていませんか?

結論からいうとテストステロンを増やすと

  • 中折れに効果的
  • 効果的だが十分ではないこともある

といったところです。

テストステロンは中折れに効果的

テストステロンは中折れの解消に関わっています。

なぜかというと、テストステロンこそ性の情動を突き動かすための存在だからです。

また、物理的に勃起させるために欠かせない一酸化窒素(NO)の産生にも関わっています。

性的興奮はテストステロンで決まる

つまり、テストステロンが無ければ性的興奮を得られなくなるのです。

性的興奮は確実に勃起力に関わってます。

抜群の好みの女性を相手にするのと、そうでもない女性を相手にするときのことを考えてみてください。

わかりにくかったら手っ取り早く、好みの動画と好みではない動画で判断するのも構いません。

性的興奮度合いが違うのが容易に想像できるでしょう。

そして、陰茎の勃起力に関しても、大きな違いが生まれるのはいうまでもありません。

一酸化窒素を産生する

テストステロンは一酸化窒素を産生を促します。

一酸化窒素は体内で産生される分には無害で、陰茎の血管拡張の働きに欠かせません。

陰茎の血管拡張がスムーズに起こらなければ、性的興奮が伝わってきても物理的に勃起できなくなります。

なぜかというと、勃起は血管拡張することで、海綿体と呼ばれるスポンジのような器官へ血液が流れ込んで初めて起こりうる現象だからです。

十分に血液を海綿体へ注ぎ込めないと角度も硬さも足りない状態になり、結果的に中折れしやすくなります。

また、朝勃ちしないのは、性的興奮ではなく物理的に勃起できない状態であることが考えられます。

うまく陰茎の海綿体へ血液が流れ込まないトラブルを抱えていると、容易に想像できるでしょう。

若いころはテストステロンが多い

若いころはテストステロンが多いため、性的興奮を得やすい状態です。

さらに血管も柔らかくて海綿体への血液もスムーズに流れ込みます。

学生時代に、ちょっとしたことで興奮したり、ちょっとした刺激で勃起した経験はありませんか?

反対に30代以降ともなると、多少のことでは性的興奮を得られにくくなっています。

若いころより中年期・更年期がちょっとしたことで性的興奮しない理由は、テストステロンが不足していくからです。

もちろん、慣れという側面もありますが、テストステロン不足からの性的興奮が少なくなっている点を、慣れだと勘違いしやすいので注意が必要です。

中折れの原因はテストステロン不足だけではない

中折れの原因はさまざまです。

そのさまざまな原因のなかでもっとも影響力が大きくて、土台のような存在なのがテストステロンです。

したがって、テストステロンが少なければ話になりません。

話にはなりませんが、テストステロン不足以外に原因がある場合は、その原因を取り除かなければ中折れは回復できません。

たとえば、テストステロンがたっぷり分泌されていても、体がついていかなければ中折れします。

したい、やりたいと性欲があって性的興奮も十分できるのに中折れする場合は、テストステロン以外に原因があるのは明白です。

その原因を取り除かなければ、中折れを解消することはむずかしいといえるでしょう。

中折れの原因などに関してはこちらにくわしく書いています。

端的にいうと

  • 勃起させたい伝達物質が勃起させない酵素に負けている
  • 動脈硬化が進んでいて、血管拡張や血行が悪い
  • 心因性EDになっていて勃起が阻害されている

といったところですね。

このような場合はテストステロンを増やすだけでは、中折れを解消できるようにならない可能性があります。

まとめ

かんたんにまとめてみましょうか。

テストステロンを増やすと

  • 中折れに関わる大きな原因のため解消に効果的
  • 効果的だが原因はほかにもあるため不十分

といったところです。

「なんだよテストステロンを増やしても中折れが確実に回復するわけじゃないのか」

と思われるかもしれません。

残念ですが、中折れに関しては原因が複数存在しているので、テストステロンを増やせば確実に良くなるという保証はありません。

しかしながら、テストステロンは土台のような存在なので、最初に意識すべき点でもあります。

とくに加齢によりテストステロンの分泌力が低下していて、性的興奮度合いが弱まっているだけで中折れする確率はかなり高まります。

まずはテストステロンの分泌量を重要視して、それでも中折れが改善できなかったらほかの原因を探ってみることをおすすめします。

実際に性交に失敗して中折れしやすい心因性EDになっても、テストステロンを増やして性的興奮を高めて乗り切ったことで、心因性EDも克服できるケースもあります。

軽いEDレベルならテストステロンを増やしていって、性的興奮しやすい体にしていくだけで十分に効果的なのでおすすめです。

中度から重度のEDはなかなかむずかしいかもしれませんが、地道に体質改善を続けて心因性EDを克服できれば可能性はあります。

逆にいうと中度以上の場合は、心因性EDを克服できなければテストステロンを増やしても中折れが良くなることは厳しいでしょう。

体の基礎体力・体質改善に使いたい中年期・更年期向けの高品質サプリはいかがでしょうか?

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。