テストステロンはモテホルモンだといわれています。実際にテストステロンを増やすことでモテるようになるのでしょうか?

結論からいうと、全体的にはモテるようになるが、個人単位で見たらそうでもありません。

テストステロンが増えるとモテるのは自然なこと

テストステロンは男性ホルモン(アンドロゲン)全体の95%も占めているので影響力は大きいです。さらに男性機能のちからを良好に保つことができるといわれているだけあって、生物学的にモテて当然なのです。

なぜかというと、男性を象徴する「男性ホルモン」の名を冠し、その男性ホルモンの95%というとてつもないパーセンテージを占め、挙句の果てに子孫繁栄繁殖に欠かせない男性機能に有効作用するためです。

一般的な好みでいえば、メタボリック症候群の中年太りよりも、ガッチリと筋肉が付いていて腹筋がシックスパック(腹筋が6つ)に割れている男性のほうがモテます。

このガッチリとした体型を生み出す筋肉を見逃すわけにはいきません。筋細胞はテストステロンのちからにより細胞分裂し、維持されているのです。

ボディビルダーのような筋肉造形美という本格的なマッスルボディは意外と不評な意見を聞きますが、それでも細マッチョが支持されているように、ある程度の筋肉質な男性のほうがメタボな男性よりも、女性に好まれているのは事実でしょう。

性欲や勃起力も当然モテに関わります

テストステロンは当然、筋肉だけに影響をおよぼすわけではありません。筋肉も確かに男性の魅力的な要素のひとつかもしれませんが、子孫繁栄の観点から考えると男性機能の後塵を拝します。

男性機能はその名が示すとおり、男性自身の性を司るもので、この男性機能が貧相だと当然モテません。性交はそれこそ我々が人として言語知能を持たない原始時代から行われているものです。

その性交に直接関わる男性機能がしっかりしていないと、モテるものもモテないというわけです。さて、男性機能に直接関係していて大きな影響を与えるものはいったい何でしょうか?

この質問はふざけすぎかもしれないですね。当然ご存知のとおり、テストステロンです。

当ホームページで散々、分泌力を高めたほうがいいと推奨しているテストステロンは、性欲や勃起力、持続力などに関わっていて、性交を実りあるものにする欠かせないモテホルモンなのです。

体の相性うんぬんの前に、高いテストステロン値からの性欲・勃起力・持続力がなければ、そもそも相性以前の問題で、相手からお払い箱の烙印を押されてしまうでしょう。

体の相性なら仕方ないと達観できたりもしますが、男性機能自身が十分なちからを持たなければ、いつまで経っても自信がもてず、そのコンプレックスは相手にも伝わり、余計にモテないということになりかねないのです。

必ずモテるというわけではない

誤解されないように気をつけていただきたいのですが、テストステロンというモテホルモンが増えると必ずモテるわけではないということです。

確かに、テストステロン値が高いほうが、テストステロン値が低いよりも全体で俯瞰すればモテます。これは間違いないでしょう。

しかしながら、人間は本能だけではなく、理性というものも併せ持っています。つまり本能以上に理性で物事を考えることも多いので、一概にテストステロン値が高ければモテるわけではないのです。

恋愛に関して奔放的・開放的・本能的ならば、そういった女性にはテストステロン値だけ高めていけばそれだけでモテるようになるかもしれません。

逆に恋愛に関して理論的・理知的・打算的・計算的だとしたら、そういった女性にテストステロン値が高いだけではモテるに繋がりようもないのです。

医者や博士はテストステロン値が低い

ここで面白い話があるのですが、医者や学者、教授や博士といったトップレベルの頭脳労働を行っている職業の方々は、テストステロン値が平均的に低いといわれています。

テストステロン値が低いだけでモテないとするならば、医者はモテないということになります。世の女性のガツガツした医者を婚活ターゲットにしている様子をみると、そんなことはあり得ませんよね?

医者がモテるのは他に理由があるということです。医者には高収入のステータスだけではなく、社会的地位もその辺のサラリーマンより高いのです。

テストステロン値が高くなかったとしても、本能ではなく理性的な考えでモテたりするということの証明になるでしょう。

つまりテストステロン値が高くても、モテまくりにはならないということです。一昔前に流行った「高学歴・高収入・高身長」、いわゆる3高のように、モテるひとつの要素に過ぎません。

テストステロン値が低い職業に就いてさらにスポーツが趣味だという男性、さぞモテるでしょうね。

悪がモテるという話

全体で見れば希少かもしれませんが、悪い男に目がない女性は一定数います。「なんであんな男にこの娘は付いていってるんだ?」という疑問を抱いた経験をされた方も多いのではないでしょうか?

それが自分の娘だったら、父親として残念な気分になりますね。さて、なぜ悪い男に惹かれる女性が少なからず存在しているのか疑問が沸きませんか?

悪い男といってもいろいろいるとは思いますが、やや乱暴的な男性はテストステロン値が高めだといわれています。

もちろん、その暴力性を理性で抑えるのがまっとうなのですが、二次性徴の反抗期をそのまま維持してきたような感じの男性は昔から存在しています。

普通に考えれば、そのような男性とは付き合わないものですが、なぜか一定数います。思春期における悪い男に少し優しくされたら気になるに通じるものがありますね。

ただ、悪い男に優しくされて惚れるのは、ギャップ効果もあるため、すべてではありませんが、ひとつの要素として認めても良いでしょう。

悪い男に惚れやすい恋愛観を持つ女性は、大人になって世間体を気にする理性的なものよりも、本能的な部分が勝っているからなのかもしれません。

モテるためにもテストステロンは増やして損はない

簡単にまとめておきましょうか。

  • テストステロンが多いほうが少ないよりもモテる
  • テストステロンは女性の本能へ訴えるモテ要素
  • 性の営みから考えても多いほうがモテる
  • 世間体を重視する女性には効果が薄い

基本的に増やしておいて損はないですね。まったく同じ人でテストステロンが高いか引くかなら、高いほうがモテるではないでしょうか。

このように、モテるための絶対条件ではないですが、テストステロンを増やしておいて損はありません。

モテだけ考えても十分に魅力的ですが、肝心要の男性機能を維持するためにも欠かせないためです。

男性機能のことを考慮すると、モテるために費やしている努力を、テストステロンに偏重するのは悪くはありませんし、どちらかというと長い目で見たらそのほうが良いでしょう。

仮にモテてもいざ本番で男性器が役立たずでは意味がありませんからね。浮気などのトラブルを避けたいという意味では有効に思われるかもしれませんが、そんなものは理性と知恵で乗り切りましょう。

知恵ではなく悪知恵だろうと突っ込まれたあなた、ご明察です。いえいえ、私はそのような無茶はしませんよ。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。