テストステロンを増やすと勃起力が高まります。なぜなら、勃起はテストステロンパワーを借りて生み出されるためです。

テストステロンと勃起の関係性

そもそも、なぜテストステロンが勃起に関係するかですが、これは何も精神的なものでも肉体的なものでもありません。

精神的な疲れや肉体的な疲れ、体の老いといったものとは直接関係していないのです。まあ、そうはいっても間接的に関係していますし、体の老いは直接だろうとナイスなツッコミが入るかもしれませんが…。

サイクリックGMP

テストステロンがしっかりと分泌されていなければ、サイクリックGMPを産生することが不可能になります。サイクリックGMPは勃起を司る科学物質(分子)のことを指しますが、勃起できない人はこのサイクリックGMPが足りていません。

サイクリックGMPは一酸化窒素(NO)の働きかけにより、陰茎海綿体の血管を拡張します。陰茎海綿体に血液が集まって初めて勃起できるわけですから、いかに大切なものか、ご理解いただけたのではないでしょうか?

サイクリックGMPがたくさん作られれば作られるほど、勃起力は高まります。ビクビクと脈打つような陰茎には欠かせない化学物質であるといえるでしょう。

勃起まで紆余曲折あるがテストステロンが肝

テストステロンが直接的にサイクリックGMPを産生しているわけではありません。先ほども述べたとおり一酸化窒素の働きかけにより、陰茎海綿体の血管内(血管平滑筋細胞)にてサイクリックGMPは産生されます。

テストステロンは一酸化炭素、つまりNOを産生するために関わっているのです。このように勃起のメカニズムにはすべてが連動しています。

テストステロンの分泌量が足りなければ、必然的にあとへ続く一酸化炭素やサイクリックGMPも活躍の機会を失うのです。

少しまとめておきましょうか。

  • テストステロンは一酸化炭素(NO)を生み出す
  • 一酸化炭素(NO)はサイクリックGMPを生み出す
  • サイクリックGMPは勃起力を生み出す

このような勃起メカニズムですね。

歳を取るとテストステロンの分泌量が減っていくため、必然的に勃起力が落ちていくのは、テストステロンから始まる勃起メカニズムがスムーズに行われないためだということになります。

また、精神的なショックを受けてたり、恐怖を感じているときやプレッシャーを感じているときに男性器が萎えることってありますよね。

勃起状態から通常状態に変わるのは、PDE5という酵素の働きによりサイクリックGMPを分解するためだといわれています。

しかしながら、心理的な負担はPDE5の働きかけだけでなく、テストステロンも分泌されなくなりますから、自然に勃起状態から半勃起もしくは萎えてしまうのは、さもありなんだということになります。

とにかく勃起させたいならテストステロン

以上のように、勃起させたいならとにかくテストステロンの分泌が必須です。一方で、勃起力がないのは血流が悪いためだと思っている人もいます。

確かに血流が良くなければ、勃起力は落ちてしまうため、血行を良くする成分を摂ってらっしゃる方もいるでしょう。

しかしながら、いくら血流を良くしようとがんばったとしても、陰茎海綿体の中の血管平滑筋細胞でサイクリックGMPが産生されていなければ、残念ながら勃起力は高まらないのです。

もちろん、血流を良くすることは無駄ではありません。血液サラサラにして血栓を防ぎ、動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞を予防することは大切なことです。

「勃起力の改善のために血液サラサラにしてたのに無駄だったか」

このように思わないでください。むしろ勃起力を高めるのにあと一歩というところかもしれませんよ。仮にテストステロンを増やすとしても、今度は血流が不足していたらどうなりますか?

このような状態の場合は仮にテストステロンが増えたとしても、結局は他の部分で脚を引っ張ることになるため、勃起力を十分に増大させられないのです。

したがって、血液サラサラにして勃起力を高めようとしていたなら、何も努力をしていない人よりも楽に理想の男性自身を手に入れられやすいのです。

なにせ陰茎海綿体へ向かう動脈は、わずか直径1mmだという話ですからね。血行が良くなければ海綿体への血液不足で勃起不足です。

血行を良くするのは結構なことです。血行を良くするのはけっこう…すみません。おやじギャグが好きでして…お許しください。

勃起力を簡単に高める方法

勃起力を簡単に高める方法は、ふたつだけあります。

ひとつは泌尿器科の男性更年期外来やメンズヘルスクリニックで行えるホルモン補充療法を行うこと。

もうひとつが、勃起力を高めるための成分をこれでもかと高純度・高濃度で凝縮したサプリを飲むことです。

ホルモン補充療法か、完成された男性更年期向けや精力増強系のサプリ。このふたつ以外にテストステロンを増やしながら勃起力を簡単に増大する方法は、今のところ存在しません。

どちらも非常に簡単です。特にホルモン補充療法は即効性もあるため、副作用を抜きにして考えれば一番手かもしれませんね。

副作用さえなければ間違いなくベストですが、副作用がない医療なんてほとんどないですからね。

高品質なサプリは、勃起力に関係している不足がちな栄養をたっぷりと補充し、体質改善を期待するもので即効性はありません。

ただし、飲むだけでいいので楽なんですよね。食生活を無理しなくていいのは非常に有意義です。

勃起力を上げるED治療薬は簡単ではないのか

ちなみにふたつに絞っていますが、EDも含めればED治療薬があるため、3つになります。

しかし、PDE5とサイクリックGMPのバランスが崩れている(つまりEDの)疑いがあったとしても、専門医はEDもテストステロンの分泌不足のよる男性更年期障害の過程で起こるといっております。

まずはテストステロンを増やす。これに尽きるのです。

個人的には、粗悪な食べ物や栄養の偏った食生活の影響は計り知れないと思っており、栄養面の変化により男性更年期障害の数が年々増えているのではと予感しています。ただ、これだけだと個人的な感想に過ぎず無味乾燥な文章となってしまいます。

気になって調べたところ、やはり季節関係なく手に入れられやすい環境の代償として、食材の栄養が減っているとのことです。結果的に栄養不足の食生活に繋がり、男性更年期障害を招いている大きな要因になっていると執筆している医師の記事がありました。

こんな時代だからこそ、じっくりとサプリで栄養補充していき、自分自身の本来のちからを高めてあげたほうが、体にとって望ましいのではないかと考えています。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。