テストステロンは男性が男性自身として生きるために、必要不可欠な男性ホルモンです。このテストステロンの分泌量が少ないと肉体的・精神的に弱く、病気になりやすいといわれています。

近年では、このテストステロンが身体にさまざまな影響を及ぼし、それが広範囲に及ぶといわれてます。したがって、減らさないように習慣づけるだけでなく、増やすように意識づけすることが大切です。

分泌量は年々落ちていく

このテストステロンは残念ながら年々、確実に落ちていくといわれてます。加齢によりテストステロンの産生能力が落ちるためです。

しかしながら、単に加齢により落ちていくだけではありません。加齢により落ちていくだけなら、個人差の説明がつかないため、根拠としてはやや弱いです。

つまり、個人差を考慮すると、テストステロンの分泌量はどうしても落ちていくものの、分泌量の低下を鈍化させられるのではないかと気づけるというわけです。

老年期を迎えてもビンビンに勃起しているような人は、生来のテストステロンの分泌力だけでなく、日々の生活習慣からテストステロンを減らないような生活、もしくは増えるような生活をしているものです。

そういった方々に習いながら、あとに続けば良いのです。

分泌のたとえ話

これは育毛・発毛といった脱毛対策と同じことです。髪の毛も生来のもので対策しようがないといわれてきましたが、どうやら遺伝だけの問題ではないようです。

遺伝の問題でないのならば、発毛に良いといわれていることを実践しなければなりません。そうしないと髪の毛は風前の灯になるでしょう。

たとえば、育毛・発毛でいえば、5αリダクターゼと呼ばれる酵素が働きかけて、テストステロンをジヒドロテストステロンに作り変えます。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと同様にアンドロゲンレセプターに収まることで、そのちからを発揮します。その活性度はテストステロン以上との誉れ高いのですが、残念ながら脱毛症の原因のひとつに挙げられています。

このジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼを抑制することが、脱毛対策としての基本であり、ひいては育毛・発毛に繋がるのです。

少し話がそれましたが、テストステロンとジヒドロテストステロンは深く関わっているので知っていても良いでしょう。

分泌量の落ち方はゆるやか

テストステロンの分泌量の落ち方は非常にゆるやかであるといわれています。なぜゆるやかだと判断されているかというと、比べられるエストロゲンが急激に落ちるためです。

エストロゲンは女性ホルモンのことを指します。女性は月経、つまり生理の役目を終えたときに、急激にエストロゲンの分泌量が落ちるといわれています。

急激にエストロゲン値が低下すると、心身の状態を健やかに保てなくといわれており、現に女性更年期障害(主に脱毛・骨粗しょう症)を患う人が増えています。

テストステロンとエストロゲンは分泌量の低下のペースが異なりますが、どちらが一概に良いとはいえません。

急激に低下すれば症状があっという間に重くなりますし、ゆるやかに低下するなら加齢や疲れだと誤解し気づきにくくなります。

男性にとってテストステロンが欠かせないように、女性にとってもエストロゲンは欠かせません。男女の違いがあれど、男性ホルモン、女性ホルモンはともに更年期障害から身を守るために大切なのです。

よくインターネットを見ていると、男性より女性のほうが魅力の衰えが激しいという意見が散見していることに気づきます。

以前は男性は金銭的な魅力があるからだろうと短絡的に考えていましたが、どうやら一概にいえないと気付きました。

なぜなら、女性のほうがエストロゲンという女性ホルモンの分泌量の低下ペース圧倒的に早いためです。

逆にいえば男性は、テストステロンの分泌量の低下がゆるやかな点に助けられているといっても、あながち過言ではなさそうです。

重要なのは分泌量だけではない

テストステロンの分泌量を高めるといっても、分泌量だけが重要ではありません。なぜかというと、男性更年期障害対策でいえば、分泌量だけでなく有効テストステロンも大事だからです。

有効テストステロンをわかりやすくお伝えすると、テストステロンの中で効果があるといわれているテストステロンです。

男性更年期に必要とされているテストステロンは、有効テストステロンを構成するフリーテストステロン(遊離テストステロン)とアルブミン結合テストステロンです。

反対にテストステロンの中で男性更年期に対応するちからがないのが、SHBG(性ホルモン結合グロブリン)結合テストステロンです。

たとえるなら、フリーテストステロンとアルブミン結合テストステロンはたまごの黄身、SHBG結合テストステロンはたまごの白身です。

テストステロンの元となるコレステロールを意識的に摂取しようとするなら、卵の白身ではなく、卵の黄身ですよね?

つまり質が重要で、有効テストステロン(たまごの黄身)の割合が少ないと、男性自身のちからを高めたり維持しにくくなるのです。

「なるほど、じゃあ有効テストステロンを増やすか!」

と思われるのは自然なことです。私も思いました。

しかしながら、有効テストステロンは加齢により徐々に割合が少なくなっていくのみです。つまり、有効テストステロンを意識して増やすことはできないのです。

元のもくあみのようになってしまいましたが、そうではありません。だからこそ、余計にテストステロン自体をしっかり増やすのが大切だということです。

「戦いは数だよ兄貴!」という名台詞が思い浮かぶかもしれませんが、まさにその通り。テストステロンの質が良くないのなら、せめて分泌量だけでも高めなければならないのです。

蛇足ですが、精力・勃起力・射精に関わっていて男性器の要であるテストステロンが、分泌量・質ともに青年期並ならば、生涯現役どころではないかもしれません。

もっとも、血管や細胞年齢などテストステロン以外の要因も絡むため、そう単純ではないことは確かですが、男として生まれた以上、けしからん夢を見たくもなるものです。

分泌量を高める具体的な方法

テストステロンの分泌量を意識的に増やすためには、現状からの脱却が必ず付きまといます。人間は現状を維持したい生き物なので、少なからず無理をしなければなりません。

ただし、無理をするということはストレスにも繋がります。ストレスはテストステロンの分泌量を減らす最たるものですから、ストレスにならない範囲内で行う必要があります。

テストステロンの分泌に関わっているのが、行動面と栄養面です。行動面とは運動のことで、栄養面は食事のことです。

しっかりと運動して、しっかりと栄養のある食生活をすれば、テストステロンの分泌を改善することに繋がるのです。

それぞれホームページ内に書いていますので、よければご参考ください。

食生活に関してはこちらのページ

運動に関してはこちらのページ

運動も食生活も大切なことだとわかっていますが、なかなか続かないという方は多いです。私もそうでした。

勃起不全だったり、性欲減退だったり自覚症状がある場合は余計に大変です。悪くなった状態を良くするためにはそれなりの根気と月日を要しますからね。

そこで運動と食生活の補助に、テストステロンを増やすサプリを利用するのも手です。日々の生活習慣をテストステロンを増やすように努めつつサプリを服用すれば、より効果を期待できるでしょう。

また、私のようにどうしても酒の誘惑に負けたり、運動をサボってしまう人は、現状の脱却するのにきっかけが必要です。そのきっかけ作りにサプリを利用するのも良いでしょう。

「よし、せっかくサプリを買ったんだからやってみるか!」

と発奮材料になりますからね。私の場合はこれでした。

もしサプリを使うなら、男性機能のための栄養を総合的にしっかりとサポートするものをお選びください。テストステロンの分泌を高めるには総合的な滋養強壮がもっとも手堅いためです。

ご参考までに。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。