「マカが効果なかったから、トンカットアリかクラチャイダムを試したい」

「クラチャイダムもトンカットアリも人気だが、どちらが効くのだろうか」

「できるだけ精力増強に効果のあるものを選びたい」

と考えていて、トンカットアリとクラチャイダムで迷っていませんか?

マカはともかく、クラチャイダムとトンカットアリを比べるなんて

「通」

ですね。

さて、どちらが効果が高いのかは人によります。

しかも、実際に試してみないとわからないというのが本当のところです。

どちらも優秀で効き目は期待できる

クラチャイダムもトンカットアリも原産国では、

  • 滋養強壮
  • 精力増強

などで愛用されています。

しかも、何十年も前からその手の向きに珍重されてきたのです。

要するに経験則的に効いているからこそ、今の今まで使われ続けているのです。

さらに、どちらも人を対象とした臨床試験で一定の効果を残している強みがあります。

  • クラチャイダムを摂取した男性8人のうち過半数が精力増強を実感
  • トンカットアリを摂取した男性グループ30人のテストステロン値が改善

クラチャイダムはPDE5(ホスホジエステラーゼ)という勃起阻害酵素の抑制と、末梢血管拡張の効果が効いたのでしょう。

ただし、クラチャイダムのほうはアンケート結果なので、数字ではなく体感ベースです。

あくまで参考程度に留めておく必要がありますが、PDE5を抑制したり血行が良くなる働きがあるのならば一定の効果を期待しても問題無いでしょう。

追記:クラチャイダムの臨床試験データについて書いたのでご参考までに

トンカットアリは性欲・精力を司るホルモン、テストステロン値が実際に改善できたというデータがあります。

トンカットアリに含まれたカッシノイドがテストステロン値を改善させるといわれております。

こちらは、アンケートではなく血液検査による数値なので、客観的な事実として強烈です。

追記:トンカットアリの臨床試験データに関して記事を用意したのでこちらもどうぞ

似ているようで違った強みを持つ

精力増強に効くといわれている成分は、どれもこれも似たような成分を含むことが多いです。

代表的なのはアルギニンと呼ばれるアミノ酸ですね。

これはトンカットアリやクラチャイダムだけでなく、マカにも当然のように含まれています。

しかし、一方でトンカットアリやクラチャイダムにも、それぞれが違った強みを持ちます。

テストステロン値が低いことで精力が衰えているならば、トンカットアリが効果的です。

しかし、末梢血管の血行不足やPDE5産生のバランスが崩れているなら、クラチャイダムに分があります。

要するに精力減退などの結果に繋がっている原因により、効果的なものは変わってくるのです。

だからこそ、

「クラチャイダムは効いたけどトンカットアリはいまいちだった」

「いや、トンカットアリのほうが効くだろ?クラチャイダムこそ効かない」

という千差万別の感想を抱くことに繋がるのです。

要するに、比較はほとんど意味がないということです。

ではどうするべきなのか。

単一成分より複合成分を意識する

クラチャイダムとかトンカットアリで選ぶよりは、どちらも含んでいたほうが効果的だと考えましょう。

たとえば、食事でいえば精力増強のものに

  • たまねぎ
  • にんにく
  • 牡蠣

などがありますよね?

それらのうち一種だけ集中的に摂取するよりも、満遍なくバランス良く摂取したほうが好ましいです。

なぜなら偏った食事は栄養の偏りに繋がるためです。

クラチャイダムやトンカットアリも同様に、それだけ集中的に摂取するよりも一緒に摂取したほうがいい。

そのほうが、両方の良い面を活かすことが可能だからです。

実際に、男性精力増強サプリなどを比べてみると分かります。

クラチャイダムやトンカットアリだけでなく、亜鉛やシトルリンなどの精力増強成分を含んではいませんか?

また、クラチャイダムにマカや、トンカットアリにマカという組み合わせを中心に据えたものも増えています。

このように、人気があるサプリは、いろいろな有効成分を組み合わせているものが多いです。

たくさん入っている方が豪華だという意味ではなく、実際にサプリの観点から効果的だとわかっているからです。

栄養成分の相乗効果。

これが栄養学の基本であり、サプリの基本でもあります。

あえておすすめするなら

どちらも精力増強に効果を発揮するので両方摂取したほうが好ましい。

なぜかというと、薬ではなく栄養成分がサプリの真骨頂だからです。

しかしながら、そんなことはわかっているという人もいるでしょうから、あえておすすめを挙げます。

クラチャイダム。

おすすめを私が挙げるならこれになります。

トンカットアリとクラチャイダムはいずれも希少性が高く、栽培がむずかしいです。

それでも比較するとトンカットアリのほうが、ひとつ抜けた希少性を持ちます。

要するにサプリの値段が違ってくるというわけです。

同じような価格帯ならば、入手性の違いから間違いなくクラチャイダムのほうが高品質です。

逆にいえば、トンカットアリは入手性に難があるため、お手ごろ価格のサプリに含有することは不可能です。

「どちらかメインのサプリを摂りたいけどできるだけ安く済ませたい」

という希望があるならば、クラチャイダムを推薦します。

クラチャイダムも希少性は高いですが、一応は日本でも沖縄で黒ウコンや黒ショウガとして生産されています。

マレーシアのごく一部のみに群生しているトンカットアリは天然ものしかないため、安いサプリに含まれているはずがありません。

もし含まれていても、混ぜものか偽物である可能性が高い点に注意しましょう。

「いや、精力増強できるなら金に糸目はつけない。もう本番で惨めな思いはしたくない」

という場合はトンカットアリ。

やはりトンカットアリのほうが、テストステロン値が実際に改善したというエビデンスがあるのは大きな強みです。

1ヶ月分で一万円以上するようなサプリなら、偽物や混ぜものではない天然成分のトンカットアリを使っている可能性大です。

金銭的な負担よりも効果を期待するならトンカットアリが無難です。

効き目を得るまで数ヶ月は覚悟すること

かんたんにまとめてみましょうか。

クラチャイダムもトンカットアリも

  • 臨床試験のデータに一定の効果がある
  • それぞれ精力増強に対しての強みが違う
  • 比較に意味はなく、どちらも摂取するのが良い

どちらも強みが違うのだから、一緒に摂取していけば良い。

実際に精力増強のためにサプリを飲んでいるという人のなかには、飲み合わせしている場合も多いです。

そこまでする必要があるのかどうかは、これまたその人次第ですが、大切なことを最後にひとつだけ。

クラチャイダムのサプリにしてもトンカットアリのサプリにしても、たくさんの有効成分を含んだものを

「最低でも3ヶ月」

は続ける必要があります。

なぜかというと、精力増強サプリは即効性ではなく、体そのもののレベルを高めるのが狙いだからです。

わかりやすくいうと体質改善だということですね。

はっきりいって、数ヶ月単位で自らの体のレベルを上げるために飲むサプリに、即効性を期待してはいけません。

それなのに巷では

「あのサプリを1ヶ月試したけど効かなかった」

といって無意味な感想を残す人が増えているように感じます。

せめて最低あと2ヶ月は試し続けてから、効果の判断をしてもらいたいところです。

もっと即効性があるような商品がないか調べてみると

「いやいや、すごい効き目の精力剤使っているよ?もちろんバイアグラとかじゃないやつ」

「トンカットアリとかクラチャイダムなんて所詮サプリでしょ。精力剤のが効くし副作用ないよ」

といったように吹聴している人に出会うかもしれません。

ED治療薬やそれに準ずるジェネリック医薬品でもないのに即効性はありえません。

なぜ、同じような効果が起こりえるのかというと

  • こっそりバイアグラなどに使われる医薬成分を含んでいる
  • 効き目重視の副作用無視の医薬成分以上ものを含んでいる

といった可能性に気をつけてください。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。