「挿入中に勃起力が持続せず萎えてしまう」

「手では射精できるが、膣内ではできない」

「通院以外に中折れの改善方法が知りたい」

男の誇りや尊厳が失われたかのような現象、

中折れ。

非常に精神的にこたえますし、なんとか改善したいと願ってやまない時間が続いていることでしょう。

しかしながら、改善することばかりに意識が向きすぎて、相手への配慮が欠けていませんか?

ただでさえ、中折れするという状況なのに、肉体的どころか心まで不満な状況にさせてはいけません。

そんなことだと、遅かれ早かれあなたのそばを離れてしまう可能性があります。

中折れをしっかり相手に伝えているか

性行為は相手があって可能です。

自慰ならともかく、相手がいる以上は中折れのことを伝えなければなりません。

確かに男としてのプライドが関わる繊細な問題です。

しかし、それは独善的すぎます。

相手と性行為という形で時間を共有している以上、中折れすることをパートナーに伝えるべきです。

相手に理解してもらえさえすれば、行為そのものも変わってきます。

結果的に徐々に良くなっていくこともあるのです。

パートナーは自分に落ち度があると思う

中折れをしっかり伝えなければ、パートナーは自分に落ち度があると勘違いします。

  • 自分の体に魅力がないのではないか
  • もう飽きてしまっていて本当はイヤなのか

自分の中折れを認めなかったりプライドを優先するあまり、相手への配慮が欠けてしまうと、上記のような相手にはまったく非がないのに嫌な思いをさせてしまいます。

したがって、

「最近は中折れするようになった。肉体的な疲れからだと思う」

「どうも調べたら一回うまくいかないとクセになるらしい。ごめん」

「○○のことがイヤでこうなってるわけじゃない。むしろ愛してる」

など伝えて、理解してもらうとともに相手に落ち度はないことを伝えるのです。

夜のスキンシップがあたりまえの今、先延ばしせずにさっさと伝えてしまいましょう。

勃起不全なのかEDなのかの理解などは後回しで十分です。

理解が得られたらそれなりの楽しみ方もある

相手と問題を共有できれば、現状でできる範囲で楽しめるようにすれば良いでしょう。

相手に挿入が叶わないのならば、大人のおもちゃ的なものを検討するのも手です。

新しい刺激に目覚めて、そこから回復するパターンも十分に考えられます。

もちろん、相手の理解あってのことなので、おもちゃが嫌ならば強要すべきではありません。

手でやるのもひとつの方法ですね。

お互いに手でフィニッシュできるなら、それもありでしょう。

ただし、相手への挿入では中折れするのに、手でフィニッシュできるのも伝え方を間違えてはいけませんよ。

刺激の強さが膣と手では異なるわけですから、うまく伝えるように工夫しましょう。

これを読んでいるパートナーの方へ

もしかしたら、パートナーのあなた自身がこの記事を読んでいるかもしれませんね。

そして

  • 相手が中折れ気味だけど伝えてくれない
  • 行為で中折れするから手や口でやるべき?
  • はっきりと言ってくれないから困っている

と悩んでいるのではないでしょうか?

相手が伝えてくれないのは問題です。

しかしながら、それだけ男として自信喪失していて、余裕がまったくないのかもしれません。

そんな場合は相手が打ち明けてくれるのをじっくり待つしかないです。

ヘタに気を使って何かをやろうとすると、相手はますますプレッシャーを浴びて心因性の問題で勃たなくなります。

男は男性機能に関しては意外とデリケートです。

無理に気を使って何かをやろうとすると、プライドを傷つけて回復が送れる可能性があるので注意してください。

とくに無理やり射精まで持って行こうとしないほうがいいですね。

どの努力がかえって相手に惨めな思いをさせることになります。

不満な顔をせず、抱きしめ合ったり、キスしたりと違った形でスキンシップを取っていきましょう。

途中萎えが多いなら病院へ

心因性の問題ならば、いずれは勃ち治るのを期待できます。

その心のとっかかりさえ取り除ければいいので、時間が解決することもあります。

ヘタにつついて悪化させないように気をつけていきましょう。

ただし、途中萎えが多くて、何ヶ月も中折ればかりするなら病院へ行きましょう。

また、何ヶ月も回復しないならば、肉体的な問題で中折れになっている場合もあります。

短期的な疲れによる一時的な勃起力の低下なら、そのうち回復するかもしれません。

しかしながら、加齢や糖尿などの肉体的トラブルを抱えたことが原因の中折れは、時間が解決することはありません。

泌尿器科やメンズヘルスクリニックで診てもらい、治療してもらう必要があります。

比較的、軽度だったり病院で診てもらいたくない場合は、サプリメント療法もあります。

今ではネットで高品質な男性機能改善向けサプリが出回っているので、そういうものを飲むのも手です。

ちなみに当ホームページでは男性更年期向けのサプリをご紹介しています。

中身は同じような悩みの解決に向けて開発されているサプリなので、こういうものを飲んで体を少しずつ滋養させると良いでしょう。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。