「最近、勃起力の低下が著しい」

「本番で役立たずの息子を回復させたい」

「更年期障害を感じるようになってきたので改善したい」

と思ってテストステロンを増やすサプリを検討中。

でも

  • 副作用があるのではないか
  • 効きすぎて体に悪いのではないか

という疑問があるため、購入するのに躊躇していませんか?

実際にネットなどで調べると副作用があると書いているページもあります。

私もそうでした。

「今の時点で良くないのに、副作用でさらに悪くなったらどうしよう」

不安でした。

しかし、もう少し踏み込んで理解するとかんたんに答えが見つかります。

少し理解が進めば、迷っている時間がバカバカしいと感じるはず。

副作用のことは早めに解決して、本当に解決したい問題と向き合いましょう。

精力剤といっても2種類ある

副作用が出るなどのページが散見できるのは、精力剤の種類が2種類あるためです。

  • 医薬品及び医薬部外品
  • サプリメント

この2種類。

つまり、

「薬なのかそうではないのか」

という違いがあります。

医薬品系の精力剤

薬だと表示義務のある精力剤は副作用があります。

  • バイアグラ
  • シアリス
  • レビトラ

EDの治療を目的とした精力剤の御三家。

これらは勃起を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を抑制させる薬です。

近年、ジェネリック薬品が増えていますが、これらも含め医薬品に該当する精力剤は副作用があります。

これらは服用すると勃たなかった問題を解消するものの

  • 目が赤く充血する
  • 顔が熱くほてる
  • 息切れしやすい
  • 頭が痛くなる
  • 胃腸の調子を崩す

という副作用も合わせて起こる可能性があります。

サプリメント

当ホームページでおすすめしている

テストステロンを増やすサプリメント。

これも男性機能改善のために開発されている精力剤です。

しかしながら、サプリメントには副作用は基本的にありません。

薬ではなく、栄養だからです。

もちろん、栄養も摂りすぎると体に悪いです。

強いていえば、

「サプリを飲みすぎで具合が悪くなった」

というレベルでの副作用はあるかもしれません。

ただし、これらは厳密には副作用と呼ぶのに相応しくありません。

栄養のとりすぎによる問題はいいかえれば

  • 牡蠣を食べすぎて亜鉛中毒になった
  • 納豆の食べすぎで痛風になった
  • アルコールの飲みすぎで肝臓を悪くした

といったものと同じです。

牡蠣や納豆を食べることに副作用という表現はありません。

テストステロンを増やすサプリも同じように副作用はないのです。

副作用がないテストステロンを増やすサプリがいいのか

これは一概にそうともいえません。

副作用がないということは、いいかえれば即効性がないということ。

  • チャンスを掴んだ今日は、大切な人と失敗できない夜
  • 中折で前回失敗しているからどうしても性交に成功したい

といった場合に、悠長にテストステロンを増やすサプリを飲んでいたら失敗します。

失敗できない本番ならば、副作用があっても医薬品の精力剤を使うほうが適切です。

なぜなら、医薬品の精力剤には即効性があるからです。

バイアグラやシアリスなどを飲めば、30~40分後にはEDでも勃起して性交可能になります。

行為に及べる状態になれば、とりあえずはスタートを切ることはできます。

「医薬品は副作用が恐いから、サプリにしている」

などとじっくり取り組んでいては、スタートすら切ることができません。

副作用はないが時間がかかる

サプリメントタイプの男性向け精力剤には即効性がありません。

反対に副作用もないのです。

  • 血行を促進する成分
  • テストステロンの分泌を促す成分
  • 精液の合成を促す成分
  • 滋養強壮に効く成分

などをバランス良く配合することで、栄養面から改善させる狙いがあります。

バランスを欠いた食生活が、次第に体の健康状態を悪化させるのと同様に

効果的な成分をある程度、摂取し続けないと改善させることはできません。

ただし、時間をじっくりかけて改善できれば、すぐに悪くなることもありません。

体に基礎体力がつくのと同じです。

病気でいえば治るとか、良くなるです。

反対に医薬品系の精力剤には、飲み続けなければ効果がありません。

薬の力で足りない部分を補うことで目的を果たすからです。

病気でいえば一時的にごまかせる、です。

体の状態を良好に保つこと

かんたんにまとめましょうか。

精力剤には2種類ある

  • 医薬品系精力剤は副作用がある
  • サプリメントタイプは副作用がない

医薬品系の精力剤は即効性があるものの、副作用があります。

反対に、サプリメント系の精力剤は即効性はないが、副作用もありません。

どちらが良いかはケースバイケースです。

しかし、医薬品系精力剤は一時的に回復するものの、薬の効果が切れたら元通り。

テストステロンを増やすサプリなどは時間がかかるものの、回復したら長続きする。

精力剤に限らず、速効性のある薬についつい頼りたくなります。

しかし、根本的に改善できなければ、薬に依存してしまいます。

薬に依存しても治ることはないし、慣れていくと効きにくくなります。

できる限り薬に頼らないで済むように、じっくりと体質改善していきましょう。

その力を高めるために作られているのが、サプリメントタイプの精力剤です。

「どんなサプリがいいのかわからない」

という場合は、テストステロンを増やすおすすめの精力増強サプリのページを御覧ください。

ご参考まで。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。