「年をとってきて悲観的になることが増えた」

「ひどく気分が落ち込む。これって男性更年期障害?」

「テストステロンを増やすといいらしいが本当なのか」

年齢を重ねると体のあちこちが、若いころのようにうまくいかなくなります。

心身ともに充実していたことを心も体も覚えているから、つらいんですよね。

以前と今の自分のギャップによるつらさは、ある程度は割りきって織り込まなければなりません。

しかし、織り込まなくていい部分もあります。

それが男性更年期における、うつ病です。

意欲がなくなってきたり、気持ちが乱高下して不安定なのは軽いうつ病の場合があります。

放っておくと悪化する可能性が高いので、しっかりと対策していきましょう。

「対策といってもどうするのか?」

「テストステロンは関係あるのか?」

この記事では、うつ病とテストステロンの関係性について触れていきます。

テストステロンにうつ病を改善する効果はない

「テストステロンはうつ病に効くのか効かないのか?」

というご質問に関しては、誤解を恐れずに申し上げれば

テストステロン自体はうつ病改善の効果はないと言わざるを得ません。

ズバリ、効きません。

それでもテストステロンを増やすことをおすすめします。

なぜか?

直接的にうつ病に効果を発揮するわけではないが、間接的に効果を発揮するからです。

それ自体に直接的な効果がなかったとしても、結果的に効果があれば十分です。

よく

「うつ病の原因はテストステロンじゃないから意味ないよ」

「いやいや、テストステロンを増やすと良くなるというデータがある」

といった賛否両論が上がるのは切り口が違うためです。

まず、うつ病という状態がどのようにして起こるのか明らかにしましょう。

うつ病は脳内神経伝達物質の不足が原因

うつ病は脳内神経伝達物質が不足することで起こります。

脳内神経伝達物質は3つあります。

  • ドーパミン
  • セロトニン
  • ノルアドレナリン

この3つです。

ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンがいわゆる3大脳内神経伝達物質です。

これらのうち、うつ病に深く関わっているのがセロトニンとノルアドレナリンです。

幸せな気持ちを引き出すので有名な脳内神経伝達物質はセロトニン。

セロトニンは自律神経の交感神経・副交感神経のうち、副交感神経を優位にします。

癒やされたり、気持ちが穏やかな状態になるのが副交感神経です。

反対にノルアドレナリンは自律神経の交感神経を優位にします。

気持ちが高ぶったり、体を動かしているときに、ノルアドレナリンの働きで交感神経が優位になるのです。

うつ病はセロトニンやノルアドレナリンが足りない状態です。

したがって、どちらも増やしてあげることが大切になります。

テストステロンはノルアドレナリンを増やす

テストステロンには脳内神経伝達物質を活性化させて、分泌量を高める効果があります。

とくに増えるといわれているのが、ノルアドレナリンです。

ノルアドレナリン不足でうつ病に繋がっている場合、テストステロンの働きでノルアドレナリンを増やすのは理にかなっているわけです。

実際に調べによると、テストステロン値の大小でうつ病の発症数が3倍ほど増加するといわれています。

そして、うつ病の治療の話も興味深いものです。

日本ではまず、セロトニンを増やすことでうつ病を治療します。

しかし、国によってはテストステロンを増やすことで、うつ病を治療するところもあるのです。

テストステロンと聞くと筋肉や性欲がまっ先に思い浮かぶかもしれません。

しかしながら、ことはそう単純でもないということですね。

十分に効果を期待できる

かんたんにまとめてみましょうか。

  • うつ病の主な原因は脳内神経伝達物質の不足
  • ノルアドレナリンとセロトニンが関係している
  • テストステロンはノルアドレナリンを増やす

こんなところですかね。

テストステロン自体に、うつ病を直接和らげる効果はありません。

ただし、うつ病の原因のひとつ、ノルアドレナリンを増やすことが可能です。

ノルアドレナリンの減少がうつ病を招く原因になる以上、テストステロンを増やすことは間接的にうつ病を改善させる効果があるといっても過言ではないのです。

年をとると男性更年期障害としてうつ病を患う人が増えるのは、テストステロンが間接的に関わっているためです。

生活習慣の悪さや加齢により、テストステロン(フリーテストステロン値)が少なくなる。

テストステロンが足りないと、ノルアドレナリンが増えにくくなる。

結果的にうつ病を患いやすくなる、という流れですね。

テストステロンは頭から足の指まで、いたるところにある細胞を活性化する性ホルモンです。

直接うつ病を改善させることはないといっても、間接的に十分に効果が見込めるので積極的に増やしていきましょう。

増やす方法は他のページをお読みいただきたいのですが、カンタンにいくならまずはサプリです。

ただし、どこにでも売っているサプリは効果がないどころか、逆効果になる場合もあります。

男性更年期には男性更年期用のスペシャルなサプリがあるので、それを使いましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。