「泌尿器科やメンズヘルスクリニックへ通うのは抵抗がある」
「ホルモン補充療法は副作用もあるし自力で克服したい」
「1回ならいいが何度も病院へ往復するのは手間がかかる」

男性更年期障害(またはLoh症候群)の自覚があるが、自力で改善したい。

病院通いは有力だとわかっているが、できれば行きたくない。

実際に手間とお金をかけて専門外来に通っても治るとは限らないし、できれば自分の力で立ち直りたいですよね。

そんな場合はどうすれば男性更年期障害から脱却できるのでしょうか。

病院で行うLoh症候群の治療法とは

Loh症候群は、血中のテストステロン値(遊離テストステロン)が規定値以下の状態を指します。

専門外来などではホルモン補充療法を検討するようにすすめます。

筋肉注射でホルモン投薬を行い、テストステロン値を改善させるのです。

テストステロンは体のさまざまな機能を高めてくれる大切なホルモンです。

足りなければさまざまな力が落ちるので、結果的に男性更年期障害の各症状を発現するのです。

もし、病院に通わないで何とかしたい場合は、これをなぞるのが常道といえるでしょう。

つまり、テストステロン値を改善させるような方法を行うのです。

テストステロン値を改善させる方法とは

ひとことでいえば、生活習慣を改める。

これに尽きます。

  • 運動不足
  • 体の疲れ
  • 心の疲れ
  • 偏った栄養
  • 酒の呑みすぎ
  • タバコの吸いすぎ

これらがテストステロン値を悪化させる原因になるのです。

逆にいえば生活習慣を地道に解決していけば、テストステロン値は改善するでしょう。

また、生活習慣を改善すると必然的に

  • 健康診断の各数値を改善
  • 血行を促進
  • 自律神経を整える

働きも期待できるのです。

つまり、テストステロンが増えるだけではないという特徴があります。

仮にホルモン補充療法を行ってテストステロン値が改善したとしても、Loh症候群を脱却するだけです。

これだけで男性更年期障害の各症状が軽くなったり回復する場合もありますが、改善しないことも多いです。

しかし、生活習慣を改めるとテストステロン値の改善だけではなく、別の角度から男性更年期障害の解消することになるのです。

結果的に単にテストステロンを増やすよりも、男性更年期障害から脱却する可能性が高まるのです。

生活習慣の改善はむずかしい

「いやいや、タバコをやめることなんてできん」
「毎日の晩酌が楽しみで俺は生きてるんだよ」
「運動なんてかったるくてやってられるか」

ツッコミがくるのも理解できますし、よくわかります。

生活習慣の改善はむずかしいんです。

生活習慣を改めれば効果はじわじわ実感できます。

でも、いかんせん続かないし、そもそもスタートすら切れない。

そういった場合は素直に

  • 病院のお世話になる
  • 体が慣れるのを待つ

しかないです。

ただ、病院でやれるのもホルモン補充療法や薬、漢方薬、サプリメントを処方、提供するくらいです。

結局、医師から

「生活習慣全般を見直しましょう」

「多少は折り合いをつけていくしかない」

というようなアドバイスを貰うのが関の山でしょう。

「結局は苦労することになるのか…」

と思われるかもしれません。

たったひとつだけかんたんな方法がある

ピンときた人もいるかもしれません。

実は、生活習慣の改善でひとつだけかんたんなものがあります。

偏った栄養の改善です。

偏りのある栄養はかんたんに改善できる方法です。

「いやいや、食生活を改めるのは至難の業だよ」

確かに食事内容を毎回、薬膳や精進料理のようにするのは無理です。

いくら薬膳料理が滋養強壮に良くて、精進料理がヘルシーでも続かなきゃ意味がありません。

でも、先ほどの病院でもサプリメントの提供と述べたように、栄養面は意外とラクにコントロール可能です。

つまり、男性更年期向けのサプリを摂っていけば、足りない栄養を改善することは十分に現実的なのです。

専用のサプリメントをおすすめする理由

「なんで専門品?その辺のコンビニで買えるサプリじゃダメなの?」
「マカとか亜鉛のサプリを飲んでも効果がなかったよ」

男性更年期向けに開発されているサプリは、専門家が長年をかけて研究開発したものです。

含有されている成分もテストステロンを増やすだけではありません。

血行を促進するものや自律神経を安定させるものなど男性更年期に足りないものをバランス良く配合しています。

コンビニやドラッグストアで気軽に買えるサプリは誰でも買えます。

男性どころか女性、そして年齢も関係なく買えてしまうものに抜きん出た効果などあるはずがありません。

また、マカとか亜鉛とかアルギニンとか単一の成分だけ摂取しても効果は薄いです。

テストステロンを増やしても男性更年期障害が改善しない人もいるのに、単一の成分だけではテストステロンの産生すら無理だからです。

病院に通わないなら生活習慣の改善しかない

かんたんにまとめてみましょうか。

泌尿器科、男性更年期外来に通うのは避けたいなら生活習慣を見直すしかありません。

生活習慣は

  • 運動不足
  • 体の疲れ
  • 心の疲れ
  • 偏った栄養
  • 酒の呑みすぎ
  • タバコの吸いすぎ

おもに以上のようなものになります。

どれもこれも一朝一夕では克服できませんね。

そのなかでも偏った栄養だけはサプリメントでかんたんに改善できます。

もし、サプリを使うなら完成度の高いものを飲むようにしましょう。

それ以外は気休め、プラシーボだと割り切る必要があります。

理想をいえば生活習慣全般を見なおして、それを当たり前の生活にすることです。

現状を脱却できる可能性がもっとも高いし、将来的な病気リスクも激減します。

ただ、やはり理想は理想、やれるなら皆やっているという話です。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。