できるだけお金をかけずにテストステロンを増やす方法を知りたい。そういった考えの方は少なくありません。

それではどうすればテストステロンをお金をかけずに高めることができるのでしょうか。

一番いいのは運動です

お金をかけずに簡単かつシンプルにテストステロンを増やすためには運動がすることが一番でしょう。活発的に運動することでテストステロン値は高まることが知られています。

これは主に筋肉の維持の際に分泌されるもので、筋肉細胞へテストステロンが働きかけることで増強することが可能だからです。

ちなみにこれは男性のみでなく女性でも同様に分泌されます。当たり前ですが女性にも筋肉は普通に存在していますからね。

精巣(睾丸)と副腎でテストステロンを産生する男性とは違い、女性は副腎のみでテストステロンを(デヒドロエピアンドロステロン通称母なるホルモンを介して)産生する都合もあるので、筋力的には男性より劣るのも納得できるでしょう。

運動の種類

筋肉がある程度使われる運動を続けるといいでしょう。ボディビルディングに代表されるようなトレーニング系が一番分泌されるとの話があります。

しかしながら、誰もが筋骨隆々になりたいわけでもないので、そこまでの運動強度は必要ないでしょう。

プロの格闘家やスポーツマンが高いテストステロン値を指し示す傾向にあるようなので、好きなスポーツを「続ける」ことが一番、テストステロンを高めた状態を維持しやすいのではないでしょうか。

短期的にテストステロンを増やしても継続できなかったら、正直あまり有意義とはいえませんからね。

万人にすすめるのはジョギング

好きなスポーツ、得意なスポーツがないならジョギングくらいで十分です。ジョギングなら運動強度もスピードにより調整できるし複雑でもなく誰でも挑戦できるでしょう。

ただし、ジョギングは単調で飽きっぽい人には向かない可能性もあります。とにかく続けられる運動がベストなので、飽きっぽい人は創意工夫するといいですね。

2日に1回や3日に1回くらいでも十分です。

人によっては色々なマシンの用意されているスポーツジム、ダイエットジム、トレーニングジムなども選択肢に入れるといいのですが、低コストとは言いがたいので割愛します。

「いやいや、ジョギングは減らすんでしょ」

と思われるかもしれませんが、正しくはないです。

ほどよいジョギングはテストステロンを増やします。

毎日欠かさず1時間のジョギングを行ったり、マラソンに挑むためのトレーニングの一環で走ると減るのです。

適度なジョギングは、体脂肪も燃焼させるのでプロラクチンも減少します。

太っているとプロラクチンが多くなるため、テストステロンを減らします。

ちなみにプロラクチンは射精後にも分泌量が増えて、テストステロンを低下させます。

射精後に急に性欲や勃起力が低下することを考えれば納得できるでしょう。

ストレス発散させる

テストステロンが増えるという意味よりも、減らさないために必要なのがストレスを溜めないことです。

「いや増やしたいんだけど?」

と思われるかもしれませんが、単に増やすだけを考えていてもあまり有効的だとは言いがたいです。

当然、増やしていくことは意識するのですが、減らさないでいければ結果的に血中のテストステロンも高くなるので、男性更年期障害の不調を緩和できるようになるでしょう。

細かい性格の人は余計に

昔からストレスを溜めやすく自分を追い込んでしまいやすい人が、うつ病になったり、自分をダメな奴だと思って自暴自棄になったりするものです。

反対に細かいことを気にしない性格の人はストレス耐性も高く、うつ病にもなりにくいし前向きで行動的だったりするのです。

精神的に脆く打たれ弱い人は、自立神経の乱れとともにテストステロンが減ってしまうため、このような差となって現れるのでしょう。

したがって、細かい性格の人はなおさら、ストレス発散を上手くこなせるように意識したほうがいいです。

試してみること

それではどういった方法ならストレスを発散できるのでしょうか?これは答えは本人次第なので実際に試してみる他ありません。

人によっては一人カラオケでストレス解消する人もいますし、音楽を聞いたり、ちょっとしたラクガキに近い絵を書くだけでストレスを発散できるものです。

何かしら新しい趣味を見つける方向で頑張ると良いでしょう。当記事ではお金をかけないという意味で書いていますので、上記のようなそれほどお金がかからないものを載せてみました。

すぐに回復とかはしません

なるべくお金をかけずに増やそうとすると本当に限られますね。運動しながら減らさないようにストレスを溜めなようにすることくらいです。

それと、コストをかけない方法は、どちらかというと若い世代の人にならおすすめできる方法です。中年期以降で男性更年期障害(アンドロポーズ)の自覚症状があると良くなることはないかもしれません。

というのも自覚症状がある場合に、運動を行ってストレスを溜め込まないようにしても、悪くならないように鈍化させることはできても、何らかの症状が回復することは難しいのではないかと考えています。

当然、悪くならないように努力するのはいいことですが、年齢や健康状態次第では難しい場合も多々あるということです。

例えば男性更年期障害でテストステロン値が低く、一週間に一度も勃起できないようなレベルの人が勃起力を回復させるためには、今回に挙げたようなお金をかけない方法を行うだけでは厳しいです。

「あれ?俺ってあまり調子よくないかも」

と自覚しているなら、テストステロンを増やすサプリやメンズヘルスクリニックでお金を少々かけたほうが、最終的に安上がりの可能性もあります。

反対にいつまでも性交を楽しみたいけど、何らかの対策をしたいなと考えている人は、今回挙げたような方法を予防策として参考にするのも良いでしょう。

まとめ

簡単にまとめてみましょうか。

お金をかけずテストステロンを増やす方法は

  • 運動するのが無難な方法
  • ジョギングは飽きないならおすすめ
  • とにかく飽きずに続けられるのがベスト
  • ストレスを溜めない趣味を見つけること
  • 片っ端からチャレンジして見つけよう

ただし

  • 何らかの症状の自覚があるなら効果は期待できない
  • どちらかというと悪くならないようにするためで回復しない
  • サプリや男性更年期外来を利用したほうがいいこともある

といったところでしょうか。

最後までお読みいただいてありがとうございます。

吾代でした。


管理人吾代の愛用サプリ。テストステロン、成長ホルモンに良い成分をバランスよく配合しており、精力増強サプリの優等生的存在。すぐ効くタイプではなく「じわじわ系」だが、リスクなくじっくりと栄養面から精力アップを考えたいあなたにおすすめ。悪くなったものを良くするためには最低限、このクラスの高品質サプリメントを飲んでいきたいところです。送料無料で自信ありの返金保証付き。